Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は米国のチップセンターで中国と対峙する危険性を認識している

2012年5月28日、東京に本社を置く日本のチップメーカー、ルネサスエレクトロニクスのマイクロコントローラーの写真。REUTERS/中尾百合子

  • 日本は、中国と米国が世界のチップ産業を支配することを恐れている
  • その業界の未来は国家安全保障の問題です
  • 需要を刺激するためにアジアのデータセンターを設立したい
  • 競合他社は数百億ドルで業界をサポートしています

東京(ロイター)-日本は、米国が中国をかわすためにチップ産業に数十億ドルを投入する計画が、日本のかつて支配的な半導体産業の残骸を一掃する可能性があることを懸念している。

日本の産業省によると、「失われた30年」の後、顧客を安価な競合他社に漏らし、ハイエンド生産のリードを維持できなかったため、世界のチップ製造における国のシェアは半分から10分の1に低下しました。

中国と米国は貿易戦争と安全保障上の懸念から、スマートフォンからミサイルまですべてに電力を供給するチップを製造するための補助金を増やしているため、当局は日本が完全に撤退することを懸念している。

安倍晋三前首相は5月の自民党の初会合で、自民党の先駆的なデジタル経済のあり方について話し合った。

経済産業省が今年初めに配布した文書は、日本の新技術の世界秩序から取り残されることへの恐れを示しており、棒グラフに太い赤い点線があり、2030年までにチップ産業のシェアがなくなる可能性を示しています。

主な関心事は、シリコンウェーハ、化学フィルム、製造機械などのアイテムをチップメーカーに供給し続ける世界有数の企業の将来です。

当局は、台湾セミコンダクターマニュファクチャリングコーポレーション(2330.TW)(TSMC)などのアジアのチップファウンドリの巨人を彼らの土地に誘い込むことによって、米国がこれらの企業に追随するように誘うことができるのではないかと恐れている。

「企業が日本で建設して輸出することは可能ですが、サプライヤーになるほど、情報交換が容易になります」と経済産業省のIT産業部長である西川和美氏は述べています。

彼は、シフトはすぐには来ないかもしれないが、それは「長期的に起こる可能性がある」と述べた。

西川が懸念している企業には、ウェーハメーカーの信越化学工業(4063.T)、SUMCO Corp(3436.T)、フォトレジストサプライヤーのJSR Corp(4185.T)、生産機械メーカーのScreen Holdings(7735.T)、東京エレクトロン(7735.T)などがあります。 8035).T)。

「私たちは常に各国の政治的変化に対応する準備ができています」と、日本、ベルギー、米国でチップのエンボス加工に使用される感光性フォトレジストコーティングを製造するJSRの広報担当者は述べています。

ロイターの質問に答えて、どの会社も現在生産を米国に移すことを計画していると言っていませんでした。

TECH WAR

それを維持するために、日本はチップ、機械、化学薬品を購入し、国内の自動車会社や電子機器メーカーに半導体を安定的に供給するチップファウンドリを必要としています。

台湾での事業が中国の地域的野心によって危険にさらされる可能性があるという懸念の中で海外への拡大を目指しているTSMCは、東京の近くに研究開発センターを設立しました。 また、日本に製造工場を建設する計画も検討しています。

ただし、これまでで最大の海外プロジェクトは、米国アリゾナ州に建設中の120億ドルのプラントです。

菅義偉首相は6月、技術競争に対応するため、人工知能や5G接続など、将来の経済成長を牽引する技術で日本が競争できる十分なチップを確保するために、経済産業省の西川チームが考案した戦略を承認した。スピードと自律型車両。リーダーシップ。

1つのイニシアチブは、日本をアジアのデータセンターに変えることです。 このようなハブは半導体に対する大きな需要を生み出しており、それがチップメーカーを近くに工場を建設するように誘惑します。

支出支援

しかし、その産業政策の成功はお金にかかっています。

これまでのところ、同国は、コロ​​ナウイルスのパンデミック時のチップやその他のコンポーネントの不足に対処するための技術サプライチェーンを強化し、5Gへの移行を促進するために5,000億円(45億ドル)を割り当てています。

これは、他の国が提案している支出のほんの一部です。

電子情報技術産業協会(JEITA)は電子メールで、「現在のレベルのサポートでは、日本の半導体業界にとって厳しい状況であり、世界の他のどこにでも匹敵する政府のインセンティブを望んでいる」と述べた。

米国上院は、チップの540億ドルを含む、新技術のための公的資金1,900億ドルを承認する法案を承認しました。一方、欧州連合は、デジタル経済の育成に1,350億ユーロ(1,590億ドル)を費やす予定です。

この支出のバランスをとるために、日本は灰色の州が健康と福祉に費やすであろう多額の公的資金を割り当てなければならないでしょう。 経済産業省は、必要と考える金額をまだ決定していません。

米国、欧州連合、中国は、「日本の財政状況を考えると、これに匹敵することは難しいだろう」と語った。 “。

(1ドル= 0.8485ユーロ)

(ドル= 110.3400円)

(ティムケリーは報告します)。 梅川崇とベン・ブランチャードによる追加報告。 リチャード・ボーリンによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  アメリカにおける著作権侵害の申し立てに対する幼稚なガンビーノ訴訟| 幼稚なガンビーノ