Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は脱炭素化を達成するために新しい研究炉の開発を奨励している。 同省は原子力エネルギーを「有力な選択肢」とみなしている。

日本は脱炭素化を達成するために新しい研究炉の開発を奨励している。 同省は原子力エネルギーを「有力な選択肢」とみなしている。

読売新聞資料写真
モンジョの高速増殖原型炉の敷地は、2021年5月に福井県敦賀市に示されている。この敷地には新しい研究炉が建設される予定である。

科学技術省は、新型研究炉の開発を促進し、次世代の新型炉建設に向けた技術基盤を強化するための措置を講じる意向であることが分かった。

同省は原子力科学技術の政策方向表によれば、原子力エネルギーが目標を達成するための「主要な選択肢」であると考えており、このステップはカーボンニュートラルとグリーントランスフォーメーションの達成を目指している。

政策の方向性は7月の文部科学省原子力科学技術委員会で決まる予定。 この方針は、昨年閣僚理事会で承認されたグリーントランジション達成のための基本方針に沿って、原子力科学技術の将来に対する原子力省のビジョンを定めたものである。

プロジェクトは、ロシアのウクライナ侵略によりエネルギー価格が高騰している現状に触れ、「原子力科学技術は、エネルギー、技術、経済、その他の安全保障の観点から極めて重要である」と強調した。 同省は来年度予算要求に関連経費を盛り込む予定だ。

同省は放射線の一種である中性子を使った実験を行うための新たな研究炉の建設を加速させる方針だ。 既存の研究炉の多くが老朽化などにより廃炉の途上にあり、新たな研究炉の設置が急務となっていました。

新しい研究炉は、福井県敦賀市の廃炉となった高速増殖実証炉「もんじょう」の跡地に建設される予定。 一方、計画では候補地の地質調査を行うなど具体的な準備を進めるとしている。

先進的な次世代原子炉は、現在の原子炉よりも燃料処理の安全性と効率性が向上すると期待されています。 現在開発中の原子炉としては、プルトニウムなどを効率よく処理できる高速炉や、核エネルギーだけでなくクリーンエネルギー源である水素の製造も目的とした高温ガス炉などがあります。

計画では、こうした最新鋭の次世代原子炉を活用して、現在は稼働していない日本原子力研究開発機構の高速実験炉(茨城県邑来町)の燃料を生産する方法を検討することとしている。 同省は2026年度半ばの再稼働を目指している。

反応時に発生する熱を利用して水素を製造できる高温ガス反応器については、同じくユーレイにある高温工学試験炉において、2030年頃を目処にガス反応器と水素製造設備を接続する技術開発を目標としている。 。

READ  利回りは依然として安値付近で推移し、市場がパウエル議長の政策示唆を待つ中、株価は下落した