Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は致死性連鎖球菌感染症の原因不明の大幅な急増を警告

日本は致死性連鎖球菌感染症の原因不明の大幅な急増を警告

日本の保健当局は、致死性の溶連菌感染症の急増、特に東京での感染者数が1年で3倍になっていると警告している。

保健省の報告書によると、3月10日の時点で、死亡率が最大30%に達する可能性がある重症連鎖球菌毒素ショック症候群(STSS)の患者数は474人に達している。

全国的に、連鎖球菌による喉の感染症は過去5年間で4倍に増加しています。 STSS は、感染が体全体に広がり、臓器不全を引き起こすときに発生します。

肺炎や新型コロナウイルス感染症などの呼吸器疾患とは異なり、連鎖球菌性咽頭炎は流行を引き起こさない、と藤田保健衛生大学感染症教授の本田均博士がロイター通信に伝えられた。

「飛沫感染です」と彼は言った。 「侵襲性連鎖球菌感染症を防ぐには、手指衛生が重要です。」

感染者の急増は国際行事にも影響を及ぼし、北朝鮮サッカーチームが日本でのワールドカップ予選を突然中止した。

1992年に国内でSTSSが確認されて以来、STSSは年間平均100~200件しか発生していない。 しかし、2019年にはこの数は894件に増加しました。

STSS は主に、一般に Strep A と呼ばれる化膿性連鎖球菌によって引き起こされ、特に小児において喉の痛みを引き起こす可能性がありますが、多くの人は病気を経験せずに STSS を保有する可能性があります。

今月初め、日本の国立感染症研究所は、 [NIID] 同氏は「連鎖球菌の劇症型(急性型、突発型)のメカニズムについてはまだ不明な点が多く、説明できる段階には至っていない」と述べた。

NIIDによると、一般に高齢者のリスクが高いと考えられているが、グループAの連鎖球菌株による死亡は50歳未満の患者の方が多いという。

によると 朝日新聞社、 昨年7月から12月までの間に、50歳未満の65人がSTSSと診断され、そのうち3分の1にあたる21人がSTSSと診断された。

東京女子医科大学感染症教授の菊池健氏はこう語る。 ガーディアン 今月初め、同氏は今年、重篤な侵襲性連鎖球菌感染症の有病率が大幅に増加していることを「非常に懸念している」と述べた。

同氏は、Covid-19の再集合が化膿性連鎖球菌感染症増加の主なきっかけになったと考えている。 また、このことにより、定期的な手の消毒などの基本的な感染予防習慣を無視する人が増えているとも指摘した。

「私の考えでは、日本人の50パーセント以上がSARS-CoV-2に感染している」 [the virus that causes Covid-19]。 新型コロナウイルス感染症から回復した後の人々の免疫状態によって、特定の微生物に対する感受性が変化する可能性があります。 私たちは、急性侵襲性化膿性連鎖球菌疾患の感染サイクルを解明し、直ちに制御下に置く必要があります。

READ  日本の月面着陸成功は常に最も正確だった