Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は航空会社に、到着する航空予約に関する毎日のデータの提出を要求しています

状況の情報筋によると、日本の運輸省は、国がオミグロンコロナウイルスの亜種を回避するための取り組みを加速しているため、すべての航空会社に国際線の到着の毎日の予約を提出するよう要請した。

政府が今月、外国人の1日あたりの上限を5,000から3,500に引き下げた後、日本への各フライトの予約数など、最新の情報を要求されました。

2021年11月29日に東京近郊の成田空港に到着すると、コロナウイルスのオミグロン変異体に対する懸念が高まる中、乗客は孤立した地域に接触追跡プロセッサを設置しました。 (京都)==京都

最近まで、同省は国際線を運航する航空会社に週に一度そのようなデータを提出するように求めていた。 現在1月。 報告によると、彼は31日まで毎日そうするように求められています。

新しい変種の出現により、日本は原則として世界中の外国人からのすべての新規参入を禁止しました。

しかし、日本は、一定数の日本人と外国人が毎日の上限を使用して入国することを許可しています。

12月末までに日本行きの便の予約をやめるという同省の最近の呼びかけは、年末年始に帰国することを計画している人々から混乱と抗議を引き起こした。

同省は木曜日に包括的要請を取り下げることを余儀なくされ、予約は政府の1日あたり3,500の制限内で許可されると述べた。

情報筋によると、日本への帰国を希望する個人の予約と全体的な旅行ニーズをよりよく監視するために、毎日のデータを使用したいと考えています。


関連する報道:

日本航空は帰国便の予約を再開しています

日本は批判を受けて到着便の予約を一時停止した


READ  Omigron Impact:日本はインプットに対するより厳しい制限を拡大します| モルガンルイス