Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は観光客を増やすだけでなく、ジャック・マーのような億万長者を必要としている

サスペンション

ジャスティン・ビーバーからジャック・マーまで、日本中いたるところで外国人観光客を見かけるようになりました。

先月国境を開放した後、50 万人近くの人々がこの国に降りてきました。 岸田文夫首相は、外国人観光客の年間消費額を、パンデミックが発生する前の 2019 年に記録された 4.8 兆円を上回る 5 兆円 (360 億ドル) に引き上げたいと考えています。 中国の Covid Zero はそれを困難にしています – 中国人は訪問者の約 3 分の 1 を占めただけでなく、滞在中に平均より 33% 減少し、国籍別の支出額が最も多かったのです。

ホテルやレストランはすでに対応するのに十分なスタッフを見つけるのに苦労しているため、旅行者の数を増やしたいという国がパンデミック前に強迫観念を抱いていたのは失敗だったのではないかと考えている人もいます。

パンデミックの前に、日本は主要な観光地になるにつれて、次々と目標を打ち破りました。 しかし、ブームによる経済への貢献は、すでに横ばいになり始めています。 少なくとも部分的には日本製の問題です。 物価が高いという評判に異議を唱えています — 東京と大阪は、外国人居住者に焦点を当てた生活費調査の上位に頻繁に飛び交っています — 国は単に非常に物価が安いのです。 これは、30 年間にわたる低インフレからマイナスのインフレの遺産であり、レストランや製造業者によるコスト削減のための底辺への競争、そして円安の影響です。 多くの外国人居住者が指摘しているように、食事 (東京の中心部ではわずか 5 ドルで質の高いランチを簡単に手に入れることができます) からホテルまで、驚くほど安いものもあります。

最近、京都の伏見稲荷大社を訪れた際、この問題は明らかでした。 果てしなく続く赤い鳥居の有名なトンネルに観光客が押し寄せる中、お金を使う人はほとんどいなかったようです。 観光客の罠ではなく、周囲のコミュニティへの公共財と見なされている神社は、ほとんどの場合、入場料を請求しません。 代わりに、訪問者は通常、祈る前に清泉箱にいくつかのコインを落としたり、幸運をもたらすと言われているお守りなどのアイテムを購入したり、上朱印帳にスタンプを押すためにお金を払ったりすることが期待されています.

しかし、大部分が裕福そうなアジア人、ヨーロッパ人、北米人で構成されていた群衆のほとんどは、単にお金を要求する部分を飛ばしてしまいました。 これは、一般的に観光問題の適切な比喩のように思えます。間違いなく、訪問者は尋ねられれば喜んでもっとお金を払いますが、日本は観光客からより多くの価値を引き出す方法を理解していません。

一部の国がそうであるように、日本がそのような場所で外国人に料金を請求し、地元の人には料金を請求できない、または二層システムを実装できるとは想像しがたいです。 空港で課せられる1,000円のビジター税の値上げはおそらく遅れているが、大きな影響はないだろう。

ますます注目を集めている 1 つのオプションは、平均的な旅行者よりも桁違いに多額のお金を使う超富裕層である国際旅行クジラをよりうまく引き付けることです。 観光庁によると、これらのいわゆる高付加価値旅行者 (1) は、旅行者の 1% しか占めていませんが、すでに支出の 12% 近くを占めています。

国会議員のグループは、機会の損失は「計り知れない」と言って、これまでのところこれらの大口消費者を引き付けることができていないことを批判している. 日本は、ファーストクラスを利用する人だけでなく、プライベート ジェットや豪華ヨットで到着する人を受け入れる能力を高めたいと考えています。

この国には、そのような裕福な観光客の目的地やするべきことが不足しています。 日本政策投資銀行によると、京都を含む関西地域では、今後数年間でさらに 1,300 室の高級ホテル (2) が必要です。

問題の大きな部分は、日本の観光インフラがどれだけ急速に構築されているかにかかっています。 何年もの間、外国人は、その贅沢な評判と比較的近づきにくいことから、日本をほとんど避けていました。 ビザ免除の拡大によって設計された 2010 年のブームの中で、事業者は、平均 2 泊の非常に短い休暇を取り、贅沢よりも手頃な価格と利便性を優先する国内旅行者向けに設計された既存のインフラストラクチャを適応させました。

パンデミック中にヒルトンが所有する有名な六ホテルのようなホテルをオープンした京都市は、他の都市よりも設備が整っていますが、1つの問題が残っています.

「外から人が来なければ、平日は誰も泊まらない」と、最近オープンした京都の高級ブティック、マルフクロのディレクター、藤原慎吾氏は語った。 元の任天堂本社のアールデコ調のデザインと、セントルイス美術館などのシンプルなコンクリート構造物で有名な建築家、安藤忠雄が設計した新しい棟を組み合わせています。

裕福な外国人顧客をより引き付けるために、観光業は、他では真似できないユニークな体験を提供することで、リピーター客向けに移行する必要があると彼は言います。

膨大な数の訪問者に焦点を当てることから離れることは、パンデミック前に京都で注目されていたオーバーツーリズムについての苦情に対処するのにも役立つかもしれません.

ホスピタリティ業界は壊滅的な打撃を受けましたが、パンデミックはリセットして再考する機会を与えてくれました。 ジャック・マーの邸宅が示すように、日本は富裕層に提供できるものがたくさんあります。

ブルームバーグの意見からの詳細:

• 観光客は円が大好きです。 日本は彼らを愛しますか?: ジェロイド・レディ

• 金持ちは別の経済世界に住んでいます: アンドレア・フェルステッド

• イスタンブールのミシュランの星は遅れていますが歓迎します: ボビー・ゴーシュ

(1) ご来店時のご利用金額が100万円以上の方と定義。

(2) 1 泊 10 万円以上の宿泊者と定義。

このコラムは、必ずしも編集委員会またはブルームバーグ LP とその所有者の意見を反映するものではありません。

ジェロイド・レディはブルームバーグのコラムニストで、日本と南北をカバーしています。 彼は以前、北アジアのニュース速報チームを率い、東京支局の次長を務めていました。

このような他のストーリーは、次の場所で入手できます。 Bloomberg.com/opinion

READ  アメリカ経済の合法化