Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は軍事施設の建設国債で116億ドルを目指している-ロイターの共同通信

©ロイター。 2022 年 9 月 22 日、日本の東京で、円安を支援するために日本が 1998 年以来初めて通貨市場に介入した後、記者会見に出席する鈴木俊一財務相。REUTERS/Kim Kyung-Hoon/File Photo

梶本哲史 著

[東京 28日 ロイター] – 日本政府は、新たな国債を発行したくないと公言しているが、防衛費を押し上げる取り組みの一環として、自衛隊の施設を開発するために建設国債を使用することを望んでいる、と共同通信は報じた。火曜日。

政府は、2028 年 3 月に終了する会計年度までに約 1 兆 6,000 億円 (116 億 1000 万ドル) を建設費に割り当てる予定であると、このプロセスに関与している無名の人物を引用して、共同は述べた。

岸田文夫首相は土曜日、軍事費を支払うために国債を発行することは「将来のための責任ある選択として不可能だ」と述べた。

鈴木俊一財務大臣は、メディアの報道を認識していると述べ、決定は下されていないと付け加えた。

「私たちは意思決定プロセスの真っ最中です。現時点では、政府は結論に達していません」と彼は言いました。 「将来に向けて防衛力を安定的に整備する上で、国債を安定した財源とみなすことは難しい」

岸田氏は政府に対し、今後 5 年間で 43 兆円を防衛費に割り当てるよう要請した。 これにより、年間の防衛費は倍増し、日本の GDP の約 2% に相当します。 しかし、先進国で多額の債務を抱えている政府は、資金源を集めるのに苦労しています。

日本は、経済規模の 2 倍以上の公的債務を抱えています。 中国、北朝鮮、ロシアをめぐる不透明感の中、防衛力の強化が急務となっている。

政府の財政がボロボロになっていることを考えると、日本の当局者は、支出の合理化、増税、非税収の活用を約束する一方で、新しい国債を発行する可能性を公に否定しました。

しかし、与党の議員の中には、より大きな防衛予算の一部を支払うために国債を発行するよう求めている人もいます。

月曜日、高石佐奈大臣は、性急な増税に反対の意を表明した。

(1ドル=137.7700円)

READ  アジア株はデルタスプレッドの懸念に陥る