Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は通常の食事会を延長せずに終了

日本は通常の食事会を延長せずに終了

政治

東京、6月24日(GGプレス)-日本の国会は、政治資金スキャンダルを受けて政治とカネの問題を中心とした議論を経て、今年は延長することなく、年内150日間の通常会期を閉会した。 自民党内の派閥。

マネーロンダリングの再発防止を目的とした政治資金規正法改正案が水曜日、自民党が賛成多数で可決した。 野党側の一部は議員の研究費、広報費、宿泊費の改革に向けて国会会期延長を要求したが、与党はこれを拒否した。

改正法では、特定の資金を記帳しなかったり、政治資金報告書に虚偽記載をしたりした議員の責任がより厳しく問われるほか、政治資金集めのためのパーティー券を誰が購入したかに関する情報公開の上限が下限され、また、その方法を検証する制度も導入される。第三者の議員は、政党から受け取ったいわゆる政策活動資金を使用します。

今国会では、2024年度政府予算、経済安全保障に関わる機密情報を取り扱う個人に対するセキュリティ・クリアランス制度の導入法案、少子化対策の充実を図るための法案、災害や疫病などの緊急時に地方自治体に必要な指示を与える法案。

同党は、岸田文雄首相が任期満了となる9月までに憲法改正を実現したいとの意向を反映し、通常国会での改正案の発議を目指している。 しかし、最大野党の立憲民主党などの警戒もあり、衆院憲法審査会への提出にとどまった。 国会は、大規模災害等の緊急事態が生じた場合には、議員の任期を延長することができる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  日本4月の消費者インフレ率は7年ぶりに日銀の目標を達成