Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は障害者の身体的障壁を取り除いたが、偏見は残っている



2019年12月に撮影されたこの画像は、東京の日本国立競技場の車椅子の座席エリアを示しています。 (写真提供:日本障害者協会/共同通信)

東京(京都)-東京パラリンピックは、インクルーシブ社会の理念を具現化したものとして高く評価されているが、社会的態度の観点からは、日本は政府が推進する「バリアフリー精神」の実現にはほど遠いようだ。

日本では、健康な人と障害のある人が日常的に交流する機会がまだ少なく、両者の間には摩擦があります。 そのため、パラリンピック会場と公共交通機関はハードウェアで大きな進歩を遂げましたが、居住者向けのメンタルソフトウェアの開発にはまだやるべきことがたくさんあります。

東京がパラリンピックの開催を決定して以来、2018年と2020年にアクセシビリティ法が改正され、ホテルや公共交通機関は障壁を取り除き、スタッフは障害者を支援することが義務付けられました。

これらの措置は、障害者の権利に関する条約の「合理的配慮」という見出しの下にあり、すべての人がアクセシビリティを含む平等な権利を享受できるようにすることを目指しています。 日本は、東京がオリンピックとパラリンピックを主催する権利を獲得してから4か月後の、2014年1月に協定を批准しました。

現在、日本の公共団体はこれらの基準を遵守することが義務付けられており、民間部門は2024年までに遵守する義務を負います。

オリンピック・パラリンピックの目玉である東京に新設された国立競技場は、これらの理想をデザインに取り入れています。

「世界基準を満たした素晴らしいスタジアムです」と、日本障害者協会の佐藤聡事務局長は語った。

この場所には、約500台の車椅子、人工肛門造設術の使用者などの数種類の障害者用トイレ、精神的および発達障害者が静けさを実現できる小さな部屋があります。

しかし、アクセシビリティを改善するためのトップダウンの努力は具体的な物理的結果をもたらしましたが、健康な日本人の障害者に対する見方は変わっていません。 骨粗鬆症として知られる遺伝性疾患によって重度の障害を負ったコラムニストが4月にブログ投稿のためにオンラインで攻撃されたとき、ギャップが明らかになりました。

伊勢奈奈津子さん(39)は、日本の鉄道会社がドローンステーションで彼女を助けるためにスタッフを派遣するという彼女の要求を断った後、彼女は「JRによる横断を拒否された」と書いた。 ある批評家は彼女を嘲笑し、彼女の言葉と行動を「女性は身体障害者である」と思いました。

「私は、健康な人と同じ交通手段が私たちの権利の1つとして認識されることを望んでいます。他の人が、「障害者に親切」であるという慈善的な願望に基づいて私たちに与えるものではありません」と彼女は言いました。

「誰もが障害者になり、誰もが年をとることができる。あらゆる人が快適に暮らせる社会が欲しい」と語った。

COVID-19のパンデミックにより、一時的な仕事の経済に参入したり、経済的困難に耐えたりする人々が増えるにつれ、オンライン攻撃は障害者に向けられ、人々は不安定な基準を指摘しながら、福利厚生やサービスの割引を「好意」と非難しています。生活に関して。生活の。

インクルーシブ社会政治に精通している中央大学の宮本太郎教授は、障害のある人もいない人も「遭難信号を送って」困難な状況にあるときに助けを求めるように促している。

「私たちが「自助」と呼ぶものは、一般的な支援、相互協力、そして人々の間の連帯から始まるという見方をすることが重要です」と宮本氏は語った。

日本財団パラリンピック支援センター所長の小沢直氏は、日本のパラリンピック開催国への移行により、多くの成人の意識が高まったと考えています。

「私たちはパラシュートスポーツのみで構成される企業で講義を行っただけでなく、運動会も開催しました。パンデミックの1年前には約70件の申し込みがありました」と彼は言いました。 「(障害者の世界との)この連絡窓口を提供することが重要です。」

東京2020大会準備室副局長の犬良桂氏は、試合前に東京のすべての小中学校でエアロビクス教育が行われたと語った。

彼女は、ゲームが障害者が社会に統合するための新たな推進力を提供することを望んでいます。

「市内の障害者を普通の人と見なすことが重要です。10年以上にわたって多くの障害者に会っていますが、多くの障害者は家を出ていません」と彼女は語った。

「パラグライダーのデモクラスに参加した人の中には、これが数か月ぶりの外出だと言っている人もいます。スポーツ、芸術、文化活動のいずれであっても、モチベーションとして何か楽しいものを提供することが重要です。」

Enyoは、バリアフリー施設とパラグライダースポーツは、障害者を助けるだけでなく、国の高齢化する先進社会のすべての人を助けることを強調しました。 日本パラリンピック委員会副委員長の高橋秀文氏も同意した。

「1998年の長野冬季オリンピックの前に善光寺にスロープを作りました。車いす利用者向けの看板ですが、今ではベビーカーを押す若いカップルや、手すりを使うお年寄りに利用されています」と高橋氏。

「人々の心の壁はまだ解放されていませんが、特に子供たちの間で変化があります。パラリンピックは、私たちが目指している社会の種類を振り返る機会です。私たち全員が異なり、私たち全員が素晴らしい社会です。 、そして誰もが同じである別のもの。」

「日本では、周りの人と違うことをしないように教えられています。私たちの違いをすべて理解するのは良いことだと人々に気づかせることです。」

READ  ニュージーランドと先進日本との豊かな関係はチャンスをもたらします