Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は高橋抜きでオランダ戦出場権獲得

日本は高橋抜きでオランダ戦出場権獲得

フィリピン、マニラ – 高橋蘭さん、問題ありません。

金曜日の夜、パサイ市のモール・オブ・アジア・アリーナで日本は男子バレーボール・ネーションズリーグでオランダに25対18、25対19、25対20で快勝し、常勝軌道に戻った。

日本は西田有志が10回の攻撃で16得点、3ブロック、3エースを記録し、高橋に代わってナショナル・フットボール・リーグの残り試合に出場した。 石川祐希は15ゴールを決め、日本人の勝利リスト復帰に貢献した。

第1グループで日本が大勝した後、西田の攻撃ミスでオランダが11-6と5点リードを奪い、試合は第4グループへ向かうかに思われた。

西田のおかげで10-1とリードし、日本人をしっかりと運転席に引き込み、16-12とリードを奪った。

西田のサーブミスでレースは止まったが、ブラックが自らのサーブミスで反撃し、日本が4点のアドバンテージを取り戻すのに貢献した。

オランダ軍の失策でリードを広げられたものの、このアドバンテージは残りも維持された。

試合は石川のキルで25-20で終了した。

「前の試合、カナダに負けましたが、彼らは強いチームです…そして次の2試合を振り返ると、これは非常に重要な勝利です」と西田は試合後語った。

「これで3-0、良い勝利です。」

火曜日、日本は大塚辰則と高橋健太郎がそれぞれ8セットを務め、カナダに5セットで敗れた。

マルティン・ファン・ガーデレンはチーム内で唯一二桁得点を記録した選手として10得点を挙げ、オランダをリードした。

ナミール・アブドゥル・アジズとウォーター・テル・マートはそれぞれ7ポイントを獲得した。

日本は現在7勝3敗で7位につけており、フランスと対戦する。 オランダは3勝8敗で敗れ、次はカナダと対戦する。 両試合は土曜日に同じスタジアムで開催される。

READ  日本の裁判所は、偽りの約束で北朝鮮に誘い込まれた人々が受けた虐待の責任は北朝鮮にあるとの判決を下した