Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は1月20日の月面軟着陸を目指す

日本は1月20日の月面軟着陸を目指す

ムンバイ: すべてが計画通りに進めば、日本は730kgの宇宙船を月に着陸させた5番目の国となる。 スリム – 調査用スマートランダー ムーン としても知られている – ムーンスナイパー1月20日午後8時50分(IST)、月面への軟着陸に成功。
月面に軟着陸した他の 4 か国は、インド、米国、中国、ロシアです。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、このミッションの主な任務は、月面に正確に着陸し、着陸に使用される機器の大きさや重量を推定し、月の起源を調べることだ。
タッチダウンゾーンは、ハチミツの海の近く、シオリ・クレーター近くの月の近くにあります。
2023年9月7日に日本のH-11Aロケットによって打ち上げられる 種子島宇宙センターJAXAによると、1億ドルを投じたこのミッションでは、低重力環境での探査のための「基礎」技術も研究されるという。
月曜日、JaxaはSLIM着陸プロセスを開始する準備ができていると発表した。
これは日本にとって3度目の月面着陸の試みとなった。 2022年、Jaxaとの連絡が途絶えた オムデナシ 着陸船を乗り越えて着陸を試みた。 そして2023年4月、日本のアイスペース社製着陸船「Hakuto-R-Mission-1」が月面に向けて降下中に墜落した。
インドは将来の月探査ミッションで日本と提携する予定であるため、土曜夜のSLIM着陸はインドでも関心を持って注目されている。
2023年8月23日にチャンドラヤーン3号が月面着陸に成功した後、東京のインド大使館が発行したプレスリリースには「インドの無人月面着陸の成功により、日本との水面探査作業に弾みが加わる」と書かれていた。
これは月極地探査ミッション(LUPEX)と呼ばれ、2026年から2028年の間に打ち上げられる予定だ。

READ  日本の8月の製造業者の感情は7ヶ月ぶりの高値に上昇 - ロイター