Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は10カ国以上で受け入れられるワクチンパスポートを求めています

政府筋によると、日本は7月下旬に認証プログラムが開始された後、イタリア、フランス、ギリシャを含む10か国以上で新たなコロナウイルスCOVID-19の予防接種のためのパスポートを受け入れる準備をしているとのことです。

情報筋によると、合意に達した場合、証明書保有者は、日本からこれらの国に旅行する際に、検疫またはCOVID-19検査結果の陰性を示すことを免除されます。

東京近郊の成田空港の出発ホールは、コロナウイルスの大流行の中で、2020年12月にほぼ空になりました。 (共同通信)

しかし、日本政府は、帰国者を含む日本に入国する旅行者に、予防接種を受けたとしても、2週間の自己検疫を引き続き要求する予定です。 情報筋によると、この立場はシンガポールやイスラエルなどの国々と交渉を行い、相互の免除を求めたという。

いわゆるワクチンパスポートは、人がCOVID-19に対して完全にワクチン接種されたことを示す公式文書です。 市町村が発行する証明書には、所持者の氏名、パスポート番号、予防接種日が記載されています。

日本の企業はワクチンパスポートの導入を要求しています。 国内最大のロビー活動団体である経団連として知られる日本経済団体連合会は、6月下旬にこれらの認証をデジタル形式にすることを提案しました。

日本は、COVID-19ワクチンの展開において、とりわけ米国、英国、イスラエルに遅れをとっています。 しかし、7月23日から始まる東京オリンピックに向けて、市民への予防接種の取り組みを強化している。

伝染性の高いデルタ型コロナウイルスの蔓延が懸念される中、東京などの都市部では半緊急事態が発生しています。

日本政府筋は、「デルタ型の広がりが薄れるのを見るまで、検疫の相互免除を認めることは難しいだろう」と述べた。

日本は、「特別な例外的状況」の下で承認を得た者を除いて、流行に取り組むための外国人の入国を全面的に禁止している。 日本に入国する旅行者は、到着後14日間、自宅または指定された施設に滞在する必要があります。

欧州連合には、EU市民および居住者向けのデジタル予防接種パスポートがあります。 証明書保有者は、ブロック内の別の国に旅行する際のテストと検疫を免除されます。

COVID-19ワクチンへの平等なアクセスが保証されていないため、世界保健機関は旅行者にワクチンパスポートを義務付けることをサポートしていません。


関連する報道:

日本は8月3日に政府の予防接種サイトの完全な運用を終了することを目指しています。

日本は10月中旬までにCOVID-19に対する集団免疫を持っているかもしれません:研究

日本はコロナウイルスの予防接種をスピードアップし、100万人に達しました。 デイリーショットターゲットهدف


READ  Solersは日本企業と協力して自動車のサブスクリプションサービスを開発 - ビジネスと経済