Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は10月から予防接種の孤立した規則を緩和します

保健省は金曜日に、日本はCOVID-19の完全ワクチン接種を受けた人々の隔離期間を14日から10日に短縮し、リスクの高い地域から戻った場合でも自宅ですぐに隔離できるようにする最終的な取り決めを行っていると述べた。

政府筋によると、この変更は10月に発効する予定だという。

計画された変更に続いて、Govt-19に対して完全にワクチン接種されたという証拠を提示する人は、自宅でより短い隔離期間を観察することができます。 日本や他の国々は海外旅行用のワクチンパスポートの発行を開始しましたが、信頼できる証拠が何であるかはまだ明らかではありません。

ただし、緩和された規則は、日本政府によって承認された3つのGovt-19ワクチン(ファイザー-バイオエヌテック、モダーナ、アストロゲネカ)のいずれかを受け取った人にのみ適用されます。

しかし、緩和された隔離プロトコルの下でさえ、ワクチン接種された個人は隔離の10日目にCOVID-19についてテストされる必要があります。 テストで陰性の人だけが、14日間の自己隔離期間全体から免除されます。

現在、日本に入国するすべての人は、Kovit-19の入国前試験、追加の出席チェック、必須の14日間など、Govit-19ショットを受け取ったかどうかに関係なく、同じ孤立したポリシーの対象となります。 隔離。

現在のプロトコルでは、40を超える国と地域の人々がリスクの高い地域としてリストされており、デルタの変動が広がるため、到着後最初の3日間は政府指定の施設にいる必要があります。 その期間の終わりに検査で陰性となった人は、残りの2週間の隔離のために、家に帰るか、選択した施設に転居することができます。

リストにない地域の他の人は、まっすぐ家に帰ることができます。

日本は7月26日から、政府による19発の銃弾を2回受け、海外旅行を計画している人にワクチンパスポートを発行しています。 しかし、旅行者が日本に戻ったとき、文書はまだ承認されていません。

ワクチン接種を受けた乗客の隔離措置を緩和する計画は、今週初めに、与党の自民党のコロナウイルスグループの会議で発表されました。

ただし、一部の制限は変更されないことがよくあります。 14日間の隔離期間中は、公共交通機関を利用できません。隔離されたエリアに行くには、専用タクシーサービス、専用の電車、またはレンタカーサービスが唯一の方法です。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  日本の完璧さの熱狂はオリンピック規模の問題です