Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は10月11日に毎日の入場上限を引き上げます

日本の岸田文夫首相は木曜、日本はCOVID-19国境管理の緩和の一環として、10月11日に1日当たりの到着上限を引き上げると述べた。

現在50,000に設定されている1日あたりの上限が満了する同じ日に、岸田氏はニューヨークでの記者会見で、日本はまた、日本へのビザなしの個人旅行を再開すると述べた。

日本の新型コロナウイルス感染症対策は、国内外の観光や娯楽などの業界から厳しすぎるとの批判を受けている。

岸田氏は、国連総会の年次一般討論会に出席した後、計画を明らかにした。

岸田氏は、政府が国境管理を緩和し、他の G7 諸国と同様に入国手続きをスムーズにすると述べた。

日本は、毎日の入国制限を撤廃することで、COVID-19 の国境管理による海外からの観光客の不在によって大きな打撃を受けている、世界で 3 番目に大きな経済を復活させることを目指しています。

世界的なパンデミックが発生する前の 2019 年には、記録的な 3,190 万人の観光客が日本を訪れました。 日本政府観光局によると、今年8月の推定月間数字は169,800でした。

今月初め、日本は 1 日あたりの入場制限を 20,000 から 50,000 に引き上げました。

岸田氏は、国内観光を更新するために、政府は 10 月 11 日に全国的な支援プログラムも再開すると述べた。

日本の各都道府県によって導入された国内観光ドライブを拡大するために、このスキームは、1 泊の滞在で 1 人あたり最大 11,000 円 (77 ドル) の財政支援を提供します。

岸田氏は「観光・レジャー産業を支える(プログラム)恩恵を受け、一人でも多くの人に利用してもらいたい」と話した。

2022年5月6日、東京の浅草観光地区を歩く人々(経堂)

READ  ジャパニーズブレックファーストの喜び:マンションルームからグラミー賞、ワールドツアーまで