Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は12月20日からスマートフォンプロセッサを介したデジタル予防接種証明書の使用を開始します

政府は12月20日からCOVID-19ワクチン接種証明書のデジタル版の発行を開始すると、デジタルエージェンシーは月曜日に語った。

ユーザーはスマートフォンに特別なプロセッサをインストールして、My Number SocialSecurityおよびTaxationIDカードを使用して身元を確認することでCOVID-19ワクチン接種証明書を取得できるようにする必要があります。

デジタル証明書は、主に海外への入国手続きに使用され、イベントへの参加や緊急時のレストランへの入国のチケットとして使用されます。

当局は、政府は、書面およびデジタルの予防接種証明書の使用を奨励することにより、コロナウイルスの経済的および社会的活動に対するルネッサンスの影響を減らすことを目指していると述べた。

ワクチン認証アプリケーションは、iPhone用とAndroidスマートフォン用の2つのバージョンで利用できます。 20日。 証明書には、日本用と海外用の2種類があります。

証明書には、ユーザーの名前、生年月日、ワクチンの種類、予防接種の日付などの情報が含まれています。 月曜日の時点で、76の外国経済での参入手続きに使用できます。

政府のワクチンレジストリに保存されている記録のいくつかは、現在誤解を招くものであることが明らかになりました。 政府はこの問題に取り組むよう自治体に命じました。

Digital Agencyによると、VRSに保存されている1億件のワクチン記録のうち、16万件にワクチン名やワクチン日付などの誤った情報が含まれていることが判明しました。 当局はまた、さらに500万レコードのデータをチェックし、最終的には100万レコードに修正されることを望んでいると述べた。

松野官房長官は記者会見で、ほとんどの人がワクチン認証申請書を問題なく使用できると語った。

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  正式に予約する:日本の新しいユネスコサイト