Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は2020年3月以来10,000人以上のCOVID-19労働者の補償訴訟を承認しました



この2021年7月12日の写真では、東京駅のイエスの出口エリアの外で働く人々を見ることができます。 (ミニチ/長谷川なばぎ)

東京発-コロナウイルスに感染して治療を受けている人の労働補償保険料は日本で1万件を超えており、保険料請求の70%以上が労働省の柔軟な方針で扱われています。

厚生労働省によると、政府-19に関連する労働者災害補償請求の総数は8月13日時点で16,493に達した。 12,005件で支払われました。 この専門分野の需要は、コロナウイルスを含む最近の企業スキャンダルの結果として大幅に増加しています。 特に大規模な東京地域で流行が増加し始めた2021年1月以来、月間合計は1,000から2,000を超えています。

承認された支払いのほとんどには、医療および介護業界の6,339件、社会保険、社会福祉および介護事業の2,820件が含まれています。 事務職員を含む医療・介護組織のすべての労働者が要因であるとすれば、補償が与えられるケースの80%以上を占めています。 その他は、運輸および郵便部門で322件、製造部門で206件、卸売および小売部門で182件をカバーしました。

労働者災害補償保険は、怪我、病気、障害、または仕事中または仕事後の事故が発生した場合に、医療費または収入の損失を従業員に補償するシステムです。 彼らの状態が治療後に改善せず、永続的である場合、彼らは補償保険から障害者給付を受け取ります。

雇用主は保険料を支払う責任があります。 2020年度は、合計3,607,947件の医療費の支給が承認され、689,469件の休職手当が支給されました。

Govit-19の医学的知識はまだ解決されていないため、労働省はGovit-19の症例に対する労働者の補償を可能な限り認める方針をとっています。 たとえば、脳疾患または心臓病を伴う症例の30%のみが承認されていますが、COVID-19症例の70%以上が補償されています。

新しい病気に対処するために取られた例外的な措置は、プロセスのいくつかの側面を混乱させました。 非営利の東京労働安全衛生センターの天野修事務局長によると、労働者がいる間に労働品質検査事務所が「研究」の名目で何ヶ月も支払うのをやめた長年のCOVID-19治療事例があります。さまざまな病気と診断されたり、他の医療分野で治療を受けたりしています。

天野氏は、労働監督事務所は慎重な検討なしに補償金の支払いをやめるべきではなく、組織は「労働者が安心して回復できるように努力すべきだ」と述べた。

また、一部の部署では、「労働者や企業が保険制度を十分に理解しておらず、事業所ごとに運用方法が異なる。積極的に保険制度に対する意識を高めることが重要だ」と指摘した。

(日本オリジナル中川聡子ライフスタイル・メディカルニュース部)

READ  ケンタッキー州のナーシングホームで、日本からの新しい政府の亜種が発見されました