Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は2023年夏までに7基の原子炉を再稼働する計画

日本では、先月の大幅な逆転で、政府は現在、 そして原発の再稼働 彼らは 2011 年の福島原発事故以来活動を休止しており、次世代プラントへの投資を拡大することを熱望しています。 発表の数週間後、日本の放送局 NHK は新たな調査を委託し、人口の半数が原子力発電を拡大するという政府のイニシアチブを支持していることを示した。 NHK は、回答者の 48% が日本の信頼できるクリーンなエネルギー源として次世代原子炉を建設するという岸田文夫首相の計画を支持していることを発見しました。 約 32% が計画に反対し、20% が未定でした。

この調査は 9 月 9 日から 11 日の間に 1,255 人の成人を対象に無作為に電話での会話を通じて実施され、岸田が福島原発事故から 10 年以上経ったエネルギー政策を破り、新しい発電所の建設を検討する計画を発表してから 2 週間後に行われた。 原発を廃絶するための 10 年にわたる努力。

日本のエネルギー政策は、10 年間の停滞から抜け出し、政治的および公的支援の高まりを見せています。 首相は、2023 年夏までに全国で 7 基の原子炉を再稼働させることを発表し、稼働中の発電所の総数は 17 基になりました。

岸田氏の原子力再考の理由は、天然ガスやその他のエネルギー商品の価格上昇により、日本が電力供給の問題に直面する可能性があるというものです。

先月の首相の声明で、ウランの強気派は喜びに飛びつくはずです。

「原子力と再生可能エネルギーは、グリーンへの移行に遅れずについていくために不可欠です」と岸田氏は語った。 「ロシアの侵略は世界のエネルギー状況を変えた」

関連:英国は家庭の光熱費に上限を設ける

最近は日本以外にもカリフォルニアやドイツ 寿命を延ばす計画を発表 世界的なエネルギー危機の中で世界が非常に暗い冬に直面しているため、原子力発電所は年末を超えて.

「ドイツとカリフォルニアは、原子力エネルギーに関して世界で最も否定的な管轄区域の2つです。どちらも動き回っています。それが起こる前に、地獄は凍りつくでしょう」と、WMC Energyの原子力および再生可能エネルギー担当ディレクターであるPer Zander氏は述べています。 、商品トレーダー。 フィナンシャル・タイムズ. 「それは市場に即座に影響を与えるでしょう。」

世界は圧倒的に見える ウクライナは侵略後に原子力を採用した. 勧告を再考する必要がある 2020年12月からのウラン.

遅かれ早かれ、原子力はグリーン エネルギーへの移行において最も持続可能な「クリーン エネルギー」電源の 1 つとして受け入れられるでしょう。 世界は、太陽光、風力、水とは異なり、再生可能エネルギー源が以前考えられていたほど信頼できないことに気付き始めています。 電力網の脱炭素化を目指す世界の競争において、原子力は大きな勝者となるでしょう。

Zerohedge.com による

Oilprice.com からのその他の優れた記事:

READ  東京の気温記録を破った熱波が日本を襲った