Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は2025年までに太陽エネルギーを宇宙から送電することを目指している

日本は2025年までに太陽エネルギーを宇宙から送電することを目指している

(太陽宇宙技術)

日本 世界初の発信国を目指す 太陽 宇宙から地球にエネルギーを届けて大規模に発電します。

宇宙開発事業団が主導する官民パートナーシップ JAXA 地元の報道によると、2025年までに最初の衛星送信機が建設される予定だという。

衛星は太陽エネルギーをマイクロ波に変換し、地上の受信局に送信し、そこで電気エネルギーに変換します。

篠原直樹・京都大教授は「世界に先駆けて技術を披露できれば、他国との宇宙開発の交渉材料にもなる」と話す。 ニッキ

1968年に初めて理論化されたこの概念は、地上型太陽光発電システムに比べて多くの利点があり、特に太陽の典型的な周期に妨げられることなく、より長期間にわたって太陽エネルギーを収集できるという点が挙げられる。

マイクロ波は雲を通過できるため、この技術は悪天候でも動作します。

日本はすでにこの分野で多くの第一歩を踏み出しており、1980年代には初めて宇宙でマイクロ波を介してエネルギーを伝送した。

2015 年、JAXA の科学者たちはこれに続いて、地上受信機に 1.8 キロワットの電力を送信するという別の画期的な研究を行いました。これは電気ケトルに電力を供給するのにおよそ十分な量です。

他の多くの国や地域も欧州宇宙機関と協力してこの技術に取り組んでいます。 彼は昨年、宇宙太陽光発電の実現可能性をテストする計画を発表した

欧州宇宙機関は、Solaris プログラム (ESA) を通じて宇宙で発見された太陽エネルギーを調査することを計画しています。

欧州宇宙機関は、Solaris プログラム (ESA) を通じて宇宙で発見された太陽エネルギーを調査することを計画しています。

ソラリスは、欧州をこの未開発のエネルギー資源で世界のリーダーにすることを目指しており、2025年に開発プログラムを立ち上げることを目指している。

これが広く可能になるまでには、さらなる研究が必要ですが、高効率太陽電池、無線電力伝送、軌道上自動収集における最近の進歩により、中国と米国もこのエネルギーを利用する方法に取り組んでいます。太陽。 宇宙からのエネルギー。

地上受信機 (ESA) のアーティストの印象

地上受信機 (ESA) のアーティストの印象

この技術を取り巻く懸念の中には、人、動物、植物に対する低出力マイクロ波の健康影響があります。

「これらは、この概念の実現可能性をさらに探るために、Solaris が検討する技術的な問題です。」と Sanjay Vijendran 氏は述べています。 ESAそれがSolaris提案につながったと同氏は昨年述べた。

「追加のボーナスとして、これらの分野で達成されたブレークスルーはそれ自体で価値があり、他の多くの宇宙飛行の試みに応用できる可能性があります。」

READ  オランダGP:メルセデスのトト・ヴォルフがDNFの角田有希に質問し、ルイス・ハミルトンの勝利は「そうだった」と言う