Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は2025年世界選手権を主催するためにオークションにかけられています

日本陸上競技連盟は、2025年世界陸上競技選手権大会を主催する取り組みを開始したと、この問題に詳しい筋が土曜日に語った。

連盟は10月1日までに入札を提出し、地方自治体との調整はなかったものの、東京はイベントを運営する候補者の1人でした。

京都ニュースヘリコプターから撮影した写真は、国立競技場を示しています。 (京都)

ワールドアスレティックスのセバスチャン・コー会長は昨年10月に連邦に語り、国立競技場が2025年の世界を主催することを望んでおり、東京はこの夏季オリンピックの期間中に国際会議を開催する必要があることを示しています。

世界組織は3月に2025年のホストを決定するように設定されています。

2017年、2020年のオリンピック・パラリンピックが終了した後、日本は国立競技場を専用のサッカー場に変えることを決定しましたが、現在は多目的施設になります。

日本が世界を動かすために取り組む必要がある一つの問題は、100億円(9千万ドル)のオーダーの値札です。

日本は以前、1991年に東京で、2007年に大阪でワールドを主催していました。 来年、世界はオレゴン州ユージーンで開催され、2023年選手権はブダペストで開催される予定です。


関連する報道:

ワールドアスレティックス船の柔軟な日付、2022年になる可能性があります:Co


READ  IOCは、オリンピックが安全であることを緊張した日本に保証します