Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は5年以内に自動車排出規制を見直す

環境省は、現在の中央政府の措置の対象となる主要都市の大気質の改善に対応して、5年以内に車両の排出規制を見直す予定です。

情報筋によると、排気ガスを排出しない電気自動車などの利用拡大が見込まれ、大気質の向上に貢献するため、排出ガス規制廃止の可能性を検討するとしている。

専門家の委員会は、3月下旬に環境大臣に排出規制の見直しを提案することが期待されています。 情報筋によると、同省はその後、必要な措置を講じるという。

東京都道府県と埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪市、兵庫県の5県は、1992年に施行された自動車NOx排出法に基づき、当初は排出規制に指定されていました。 2001年の法律。

対策対象地域では、国が定めた排出基準を満たしていない大型車やディーゼル車は登録できません。

これらのトラックやその他の車両が30台以上ある企業は、排出削減計画と進捗報告を郡知事に提出する必要があります。

8つの県も、排出削減プログラムの一環として対策を開始しました。

その結果、空気の質が大幅に向上しました。

しかし、一部の地域では汚染物質の濃度が十分なレベルまで低下していないため、当面は現行の規制を維持する予定です。

愛知県と三重県が自らの任命を引き上げることを望んでいることから、省は、省が撤去を申請する都道府県の要件を明確にする予定であると情報筋は述べている。

州は、シミュレーションを通じて、その地域の大気質が、指名の削除から5年後も排出基準を満たしていることを確認し、地域住民からの引き上げの支援を得る必要があると思われます。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  エビからクジラまで-ラモン・パチェーコ・パルド-韓国がどのようにして大国になったのか