Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は5月に8年以上で最大の貿易赤字に苦しんでいます

2017年3月22日、東京の港でコンテナを出荷。REUTERS/加藤一佐

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

  • 5月の貿易赤字は2.385兆円で、2014年1月以来最大となった。
  • 輸入は年間ベースで予想以上に増加します
  • 輸出は年間ベースで予想よりも少なく増加する可能性があります

東京(ロイター)-日本は、商品価格の高騰と円安が輸入インフレを押し上げ、国の経済見通しを鈍らせたため、5月の8年以上で最大の1か月間の貿易赤字を記録した。

貿易赤字の拡大は、円安と国内メーカーが生産に依存している燃料と原材料のコストの上昇から世界第3位の経済が直面している逆風を浮き彫りにしている。

財務省のデータによると、5月までの1年間の輸入は48.9%急増し、ロイターの世論調査で予想される中央値の43.6%を上回った。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

同月の輸出は前年同月比15.8%増を上回り、貿易赤字は2014年1月以来最大の1ヶ月間赤字である2.385兆円(178億ドル)となった。

S&Pグローバルマーケットインテリジェンスのチーフエコノミスト、田口晴美氏は、「円安が輸入の増加の主な要因だ」と述べた。

「しかし、それが輸出に利益をもたらすまでには遅れがあるだろう」と彼女は言い、米国と中国への出荷は部品の供給の制限と中国の厳格なコロナウイルスの閉鎖に直面したと付け加えた。

5月の赤字は過去1ヶ月で2番目に大きく、前年同月10回連続の赤字であり、ロイターの調査で予想された2.023兆円のギャップを上回った。

地域別では、日本の最大の貿易相手国である中国への輸出は、国内への機械および輸送機器の出荷が低迷したため、5月までの12か月で0.2%減少しました。

世界最大の経済国である米国への出荷は、自動車輸出が減少したにもかかわらず、機械と鉱物燃料の強力な輸出のおかげで、5月に13.6%増加しました。

伊藤忠商事経済研究所の武田敦主席エコノミストは、「円安が何らかのメリットをもたらしたとしても、大幅な輸出の増加は期待できないため、貿易赤字を縮小する可能性は低い」と述べた。

データは、アラブ首長国連邦からの石油とオーストラリアからの石炭と液化天然ガスの出荷量が増加したため、全体的な輸入が大幅に増加したことを示しています。

コロナウイルスのパンデミックが弱まる中、日本経済は今四半期に毎年4.1%の成長が見込まれますが、燃料費と食料費の上昇が家族を傷つけるため、円安は消費者心理を傷つける恐れがあります。 続きを読む

今週の特別調査によると、日本企業の半数近くが円安を企業にとって悪いと見ている。通貨安が企業のセンチメントを傷つけていることを示唆している。 続きを読む

(ドル= 133.9800円)

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(ダニエル・ロシンクによる報告)小宮寛太郎による追加報告。 ジェリー・ドイルによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  三菱重工業はCOVIDからの回復を試みることで利益を上げます