Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は6月にコロナウイルスの国境管理を緩和:岸田首相

日本は6月にコロナウイルスの国境管理を緩和:岸田首相

日本の岸田文雄首相は木曜日、COVID-19のパンデミックに対応して、日本は6月に国境管理をさらに緩和し、他の7カ国のグループと同等にするだろうと述べた。

ロンドンでの記者会見で、岸田は日本での感染状況は安定していると述べ、政府は詳細に立ち入ることなく、COVID-19に関する国の対策を「段階的に」検討する前に公衆衛生の専門家と協議する予定です。

日本は当初、昨年末に非居住者の外国人に効果的な入国禁止を課し、措置が厳しすぎると国内外で批判を呼んだ。

岸田文雄首相が2022年5月5日に英国のボリス・ジョンソン首相と会談した後、ロンドンで行われた記者会見で講演(プール写真)(京堂)

政府は徐々に規則を緩和し、現在、1日あたり最大10,000人の入国を許可しています。 訪問者はビジネスマン、技術見習い、学生に制限されていますが、外国人観光客はまだ入場できません。

旅行の制限を緩和するために、ビジネス界では電話が増えました。 日本政府委員会のメンバーは最近、国の旅行規制は「できるだけ早く」正常化されるべきであると述べました。

岸田は8日間のツアーの最後の行程でイギリスにいました。そしてそれは彼をインドネシア、ベトナム、タイそしてイタリアにも連れて行きました。

岸田文雄首相と会談する前に、岸田文雄は日本経済の再生を目指して日本への投資を呼びかけた。

「岸田に投資する」と日本の指導者はロンドン市、またはロンドンの主要な金融街の聴衆に語った。

岸田氏は、新しい資本主義の創造という目標を達成するためには、国際金融の中心地としての日本の復活が必要であると述べ、グリーンテクノロジーやデジタルテクノロジーとともに、人材、イノベーション、新興企業への投資を促進することを約束しました。

「私は大胆な金融政策、柔軟な財政政策、そして民間部門の投資を刺激する成長戦略を推進する」と彼は述べた。

急激な円安は、資源の乏しい日本にとって懸念事項となっています。

パンデミックが発生する前、日本は外国人観光客の急増の恩恵を享受していましたが、厳格な国境管理措置が講じられたため、これらの観光客は円安を利用して入国することができませんでした。

READ  NURA 健康診断センターがインドのハイデラバードに開設