Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は6月に米国との合同軍事演習に参加する計画を発表した

日本は6月に米国との合同軍事演習に参加する計画を発表した

2022年6月12日にフィリピン海で行われたヴァリアント・シールド2022中に海軍軍艦を率いる空母エイブラハム・リンカーン(左)、強襲揚陸艦トリポリ(中央)、空母ロナルド・レーガン(右)。 (サデウス・ペリー/海軍)


東京 – 太平洋における米国最大規模の軍事演習の一つで、日本の兵力が増強されている。

両国の軍隊は6月に初めて日本での訓練を含む隔年演習であるヴァリアント・シールドに参加すると、同国の統合参謀本部報道官が金曜電話で明らかにした。 日本政府報道官は匿名を条件にのみメディアに話すことができる。

日本の広報担当者によると、約4,000人の日本軍、8隻の船舶、60機の航空機が6月7日から18日までヴァリアント・シールドに参加する。

米国インド太平洋軍はヴァリアント・シールド2024に向けて部隊を準備している、中佐。 太平洋艦隊の広報担当マリッサ・ヒューマン氏は金曜日、演習の詳細は確認せずに電子メールで述べた。

同氏は、「米軍は作戦能力を強化し、不測の事態への対応能力を強化し、インド太平洋地域全体の安定と安全を促進するため、頻繁に合同演習を実施している」と述べた。 「トレーニングの詳細は後日公開される予定です。」

グアムからの2022年のヴァリアント・シールド配備に関与する米軍には、USSロナルド・レーガンおよびUSSエイブラハム・リンカーン空母打撃群、USSトリポリ強襲揚陸艦、第1海兵遠征軍および第3海兵遠征軍、第316航空団、および13,000人の兵士が含まれる。 水上艦艇、航空機 200 機以上。

来月の演習により日米同盟の抑止力と対応能力が向上すると統合参謀本部は金曜ウェブサイト上のニュースリリースで述べた。

「自衛隊はこの演習に参加することで、同盟国や志を同じくする国々との即応性を強化し、日本の安全と地域の平和と安定に貢献する」とプレスリリースでは述べられている。

この発表は、中国の軍艦が木曜と金曜に演習のため台湾を周回している最中に行われた。 木曜日のソーシャルメディアサイト微博への投稿によると、中国東部戦区はこの演習を「『独立』を求める『台湾独立』分離主義勢力に対する強力な懲罰」であると述べた。

ヴァリアント・シールドは、北東部の三沢基地、東京の横田基地、首都南西部の横須賀海軍基地を含む日本の米軍施設で開催される。

日本の施設には北東部の八戸空軍基地と松島空軍基地、南部の硫黄島空軍基地が含まれると広報担当者は述べた。

同報道官によると、部隊は日本周辺地域、日本とフィリピンの間の地域、北マリアナ諸島とパラオ周辺の空域、ハワイとアンダーソン空軍基地の共同基地で訓練を行う予定だという。

台湾からの中国の演習はヴァリアント・シールドの緊急性を高めるだろうが、それは最近の緊張が起こるずっと前から計画されていたが、退役海兵隊大佐で東京の日本戦略研究フォーラムの上級研究員であるグラント・ニューシャム氏は述べた。

「軍事演習で時々起こるような、仮想の敵や仮想の戦いを想像する必要はない」と同氏は語った。 「これも習近平(中国国家主席)に感謝できることだと思う。 彼は確かに集中力を持っています。


READ  日本のホンダセミコンダクターは、危機により利益が縮小すると見ている