Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は87人の留学生を受け入れます

日本への入学を希望する留学生への新たな動揺の中で、政府当局者は、来月、日本は87人の海外学習者のみを受け入れると述べた。

松野博一官房長官は、文部科学省から資金提供を受けた選抜された学生は、年内に卒業する予定であるため、国内への入国を許可されると全国メディアに語った。

「公益と緊急性の観点から、彼らの個々の状況を考慮して、彼らが入国することを許可することに決めました」と彼は言いました。

この発表は、国がCOVID-19感染の急増に取り組んでいるときに行われます。 1月。 19、日本は初めて1日で40,000件以上の症例を報告しました。日経アジアによると、1週間前に報告された症例数は3倍になります。

記者団とのブリーフィングで、政府は日本の経済と研究にとって留学生の重要性を理解しており、他の学生に関するアプローチを引き続き検討すると述べたと伝えられている。

しかし、メッセージは待っている人々の多くを安心させなかったようです。 28,000人以上の人々が政府に留学生をできるだけ早く再開するように求める請願書に署名しました。

11月、東京が2021年後半に限定入国を許可すると発表したとき、学生たちは希望のちらつきを目にしました。 COVID-19の感染性オミクロン変異体。

サイトEducationIsNotTourism.comの創設者であるDavideRossiは、留学生の日本への帰国を提唱しており、請願書に署名した人々の1人であり、最近の政府は「厳格な国境規則のマイナーな例外」と呼びました。

「これは、入国を待っている学生の総数のわずか0.06パーセントであり、そのうちのいくつかは2年間です」とロッシは言いました。ロッシは約147,000人の学生が日本に入るのを待っていると推定しました。 「失望が高まっています。」

現在のアプローチは留学生に不当に不利益を与えるとロッシは付け加えた。

「日本の大多数の人々は出入りすることができますが、少数派だけが行き詰まっています。 再入国してから日本に再入国してもいいのなら、留学生、熟練労働者、配偶者、扶養家族などの新規入国はどうしていいのでしょうか?」 彼は言った。

2021年9月から日本の上智大学で環境学を学んでいるイタリアの修士課程のレベッカ・マッゾッキは、この状況で銀色の裏地を見ようとしました。

「政府がまだ学生を受け入れる計画を活性化するためには、学生が春学期に間に合うようにもっと何かをするための始まりになる可能性があります」と彼女は言いました。

しかし、彼女は希望をあまり高くしていませんでした。 「私たちは何が起こるかを見るでしょう」とMazzocchiは言いました。 「それでも、春に何も動かなかった場合、私は代替オプションの準備をしています。」

READ  米国での発生におけるR.1Covidの新しい亜種の発見。 日本で最初に確認されました