Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はASEANが温室効果ガス排出を綿密に監視するのを支援します

東京-ニッキーは、日本が東南アジア諸国の温室効果ガス排出量を監視するための測定および監視フレームワークの設定を支援できることを学びました。

このプロジェクトの形態は、10月31日から英国で開催されるCOP26気候サミットで1か月以内に設計されます。

東南アジア諸国連合の多くのメンバーは監視システムを欠いており、民間企業の排出量を測定することを困難にしています。 サプライチェーン全体の脱炭素化の取り組みを監視する機能は、ますます重要になっています。

年間3,000トン以上の二酸化炭素を排出する日本の企業は、サイトを通じて排出量を報告する必要があります。 欧州と米国でも同様の要件があり、日本のモデルは、企業が使用する計算方法を含め、ASEAN加盟国のテンプレートとして機能します。

日本は支援を提供し、共同プロジェクトに参加する予定です。 フィリピンでは、来年の夏に排出ガス産業を産業別に計算するためのフィールドテストが開始されます。 参加者の間で、セメントおよび廃棄物管理部門、環境省、商工会議所と協力して選考プロセスが開始されました。

フィリピンの排出量の計算は、電力と化石燃料の消費量と生産量を含むデータに基づいています。 メタンは廃棄物から計算されます。

候補者のキャリアを選択するプロセスは、ベトナムとタイでも進行中です。

気候変動の問題は非常に重要であるため、消費者と投資家は選択を行う際にそれらをますます考慮に入れています。 Appleは、流通チェーン全体で2030年までに正味ゼロ排出量を達成するという目標を発表しました。 企業は、排出量を測定できず、削減に向けて前進したために、サプライヤーとして脱落するリスクに直面しています。

ASEANの排出量は、地域の経済が拡大するにつれて増加すると予測されています。 マレーシアは、GDP調整後の排出量を2005年から2030年までに45%削減することを目指していますが、シンガポールは36%の削減を目標としています。

READ  国連は日本の移民法改革に疑問を表明