Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はASEANの石油分担協定をベトナムに期待している

日本は、東南アジア諸国との最初の石油共有協定となるベトナムをターゲットにしており、東京が混乱した場合に、外国のサプライチェーンからの石油の途切れのない供給を確保しようとしています。

政府筋は、この合意は東南アジア諸国連合(ASEAN)のメンバーとの石油共有協定を開発するための日本の努力の一部であるとニッキアジアに語った。

「ある計画では、各参加者は、ガソリン、ディーゼル燃料、その他の石油製品を含む原油の個人備蓄の分配を中断するだろう」とニッキー氏は述べた。

「日本とASEAN諸国は中東の石油に大きく依存している。1970年代のエネルギー危機からの教訓-国内消費のために200日以上の石油備蓄を維持しながら、一部の東南アジア諸国は月に1回しかないと言われている供給」とニッキーは付け加えた。

PPによれば、アジア太平洋地域への原油輸出の60%以上は中東からのものです。 これらの混乱の影響は、先月スエズ運河で大型貨物船が座礁し、サプライチェーンが混乱したときに明らかになりました。

日経は、日本もインドネシア、タイ、マレーシア、その他のASEAN諸国と協議を行い、同様の協力協定を結ぶ予定であると述べた。

あなたにおすすめ

新しい世界的な石油スーパーサイクルが迫っていますか?

READ  日本は第6回政府の波に先立って医療システムをレビューします