Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はCOVID感染の第8波に備えるための方針を設定

日本政府は、毎日の新しい症例数がこの夏の第7波と少なくとも同じレベルに達した場合、すべての都道府県がコロナウイルスの拡大措置を発表できるようにする方針を決定しました. この政策決定は、予想される全国的な感染の第 8 波に備えて行われます。

1 日の新規感染者数は第 7 波で 20 万人を超え、以前の波よりもはるかに高かった。

政府は木曜日、岸田文雄首相、加藤勝信厚生大臣、後藤茂行コロナウイルス対策担当大臣の会談で方針を決定した。

閣僚はまた、感染度5の現在の警戒状態を4度に見直すことにした。

第7波以上のレベルはレベル3に分類され、感染が拡大し続けていることを意味します。

このレベルでは、都道府県は予防措置を強化するための宣言を発行し、誰かが症状を示した場合、不要不急の外出、通勤、集会を自主的に禁止することができます。

また、患者数が多すぎて医療体制が機能しない上位4段階と判断された場合、地方自治体はより厳しい措置を講じることができます。

彼らは、居住者に可能な限り在宅勤務を依頼し、移動を控えることができます。 イベントの延期もおすすめです。

日本政府は、金曜日のコロナウイルス諮問委員会で新しい方針を提示する予定です。

諮問委員会の議長を務める近江茂氏は、新たな感染者の数は現在、日本全体で増加傾向にあり、北海道北部や他のいくつかの地域では毎日の数が大幅に増加していると述べた.

彼は、日本は今や感染の第8波に入っていると言えると付け加えた.

READ  NASAのInsightMarsプローブは「危機に瀕しており」、緊急冬眠状態になっています