Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はCOVID-19緊急事態を拡大し拡大します

東京(京都府)-日本政府は金曜日に、感染症の症例を減らし、病院への圧力を和らげるために、現在のCOVID-19緊急事態を東京と大阪地域を超えて拡大し、5月末まで延長する予定です。

アルコールを提供するレストランの禁止やスーパーマーケットや映画館の閉鎖の要請などの制限は、来週の火曜日に一時的に終了する予定でした。

菅義偉首相は、感染症などの専門家の承認を得て、水曜日から愛知県と福岡県を追加する決定を確定し、夜のタスクフォース会議の終了日を延期する予定である。

3ヶ月足らずで夏季オリンピックが開催される東京、そして4月25日から大阪、京都、ヒューゴで非常事態宣言が発令され、ゴールデンウィーク期間中のコロナウイルスの蔓延を抑えることを目的とした措置が講じられた。 。 休日。

レストランやバーでは、アルコールの提供やカラオケサービスの提供が禁止されており、違反した場合は午後8時までに最高30万円(2,750ドル)の罰金が科せられます。 公共交通機関のサービスは縮小されており、企業は従業員を在宅勤務させることが奨励されています。

当局は、政府が世界第3位の経済への損害を軽減するためにいくつかの制限を緩和することを計画していると言いました。

スーパーマーケットなどの大規模な商業施設は、より短い時間で再開することが許可されますが、スポーツなどの大規模なイベントでの観客の禁止は、最大5,000人または会場の収容人数の50%に置き換えられます。

菅は、流行が始まってから3回目となる緊急事態を強調し、海外の人員削減に成功しました。

しかし、厚生労働省委員会は木曜日に、コロナウイルスの非常に伝染性の高い変異体のために、感染が全国的に増加し続けていると警告した。

日本では木曜日に合計4,375件の新たな感染が見られました。 これは先週の土曜日の第4波のピークから27%減少しているが、田村憲久保健相は、この減少は休暇中の病院での検査の減少によるものだと述べた。

特に大阪とヒューゴは、COVID-19患者に病床を提供するのに苦労しており、入院を待っている間に自宅で死亡したという報告がいくつかあります。

一方、日本でのワクチンの発売はイスラエル、英国、米国など他の国々によって遅れており、コロナウイルスへの対応に対する国民の不満は、今年後半の総選挙に先立って菅への圧力を高める可能性があります。

金曜日には、政府はまた、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛媛県、沖縄県をカバーするほぼ完全な非常事態を5月末まで拡大し、北海道、岐阜、舞を追加する予定です。 コロナウイルスの症例数が減少した宮城県は削除されます。

2月の法定審査で導入されたこの分類の制限は、本格的な緊急事態ほど厳しくはなく、レストランやバーのリクエストは特定のエリアの早期閉鎖と違反に対する罰金の引き下げに限定されています。

READ  天体物理学のコードを突破することは、天体衝突の迅速なモデリングに役立ちます