Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はCtgcosとの貿易と経済関係を強化することに熱心です

Ctgの新日本デスクの狙い

  • チッタゴンを拠点とする企業とのあらゆる種類の戦略的提携を希望する日本企業間のインターフェースとして機能する
  • Ctgを拠点とする企業が利用できる日本とバングラデシュのビジネスチャンスに関するガイダンスと情報を提供する
  • 日本とバングラデシュの間でビジネスマッチメイキングの取り組みが始まります
  • 魅力的で友好的な投資先および日本のビジネスパートナーとしてのバングラデシュのイメージを投影するためのCtgベースの取り組みの改善

すでに南アジア諸国からの輸出が改善し、バングラデシュ経済が回復していることを考えると、日本は貿易と経済の結びつきを強めることに熱心であるため、より多くの日本企業がバングラデシュに投資することが期待されています。

伊藤直樹駐バングラデシュ日本大使は、チッタゴンの日本事務所の開設時に発言しました。これは、チッタゴンへの日本の投資家の貿易と投資の分野での相互協力の機会の探求につながると期待されています。

直樹氏は火曜日のチッタゴン世界貿易センターチッタゴン商工会議所(CCCI)の日本事務所の開所式で、「日本事務所の設立は時宜を得ている。チッタゴンは日バングラデシュ協力の中心である。 、 [and with this desk] 協力が強化されるだろう」と語った。

「7月から10月までのバングラデシュの日本への輸出数を見ると、昨年の同時期と比較して13.4%増加しました。今、あなたは本当に日本への輸出を増やしています。そして、日本が最大の輸入国であることを本当に望んでいます。アジアのバングラデシュから。」

彼はまた、Covid-19の後、バングラデシュ経済は「明らかに回復している」と述べた。

日本事務所は、CCCI、日本貿易振興機構(JETRO)、バングラデシュ・日本商工会議所(JBCCI)と共同で設立され、日本とバングラデシュの民間部門、特にチッタゴンを拠点とする民間部門を近づけ、相互協力の機会を模索しています。貿易と投資の形態。

この設定は、現在および将来の日本の投資家にサービスを提供し、バングラデシュ、特にチッタゴンでのJETROの取り組みを補完するインターフェースとして機能することを目的としています。

このイベントで、CCCIのSyed Muhammad Tanvir副社長は、次の5つの目的で事務所が設立されたと述べました。 ;チャトグラムに基づいて企業が利用できる日本とバングラデシュのビジネスチャンスに関するガイダンスと情報を提供する;バングラデシュ政府、バングラデシュのCCIとJETRO事務所、およびバングラデシュと日本のその他の日本組織との積極的なつながりを維持する;開始する特にチャトグラムにおいて、国際貿易を拡大し、日本とバングラデシュ間の合弁事業を奨励するための企業のマッチメイキングの取り組み、および日本企業の施設を優先することにより、魅力的で友好的な投資先および日本のビジネスパートナーとしてのバングラデシュのイメージを投影するチャトグラムベースの取り組みを改善するChattogramで動作しています…」

「このオフィスは、チッタゴンで日本のビジネスを拡大するための素晴らしいハブであり、出発点となるでしょう」と、ジェトロ国代表の安藤陽二氏は述べています。

JBCCIの社長であるAsifChoudary氏は、「オフィスからのサービスは、チッタゴンへの日本の投資家にとっての柱となり、バングラデシュへの投資に関する誤解を減らすだろう」と述べた。

商工会議所会長MahbubulAlam、JBCCI顧問Salahuddin Qasim Khan、CCCI副社長兼ゼネラルマネージャーSaif Powertech Ltd Tarafder Md Ruhul Amin、日本国際協力庁(JICA)バングラデシュ事務所代表代表早川陽穂その際、商工会議所や川井光などが講演を行いました。

出席者の中には、ICCディレクターのAnjan Sheker Rai、Nazmol Karim Chaudhry Sharon、AKM Akter Hossain、Jahirul Islam Chaudhry、Eng。IftikharHussain、SM Tahseen Junaid、Tanfir MustafaChaudhryが含まれていました。

日本はバングラデシュのビジネス環境の発展を促す

プログラムの期間中、在バングラデシュ駐日大使伊藤直樹氏は、バングラデシュに対し、将来、より多くの日本企業がここに投資できるように、投資とビジネスに優しい環境を作るよう促した。

先週ダッカで開催された投資サミットの開会式で、日本の国会議員副大臣である本田太郎が送ったメッセージを参照して、直樹氏は、バングラデシュに拠点を置く日本企業はバングラデシュへの投資に関連するいくつかの課題に直面していると述べた。

課題は次のとおりです。「通関の遅延、さまざまな税金、輸入支払いの電信送金の制限、国内外の企業間の輸出インセンティブの差別、および輸出加工区と経済特区(SEZ)の環境を改善する必要性)。」

プログラムは祝賀会でしたが、日本人とバングラデシュのビジネスマンにとって公平な関心と関心を持っているため、これらの問題を提起することを躊躇しないと彼は言いました。

「商工会議所の新しい日本事務所が、政府、大使館、国際協力機構、そして日本企業と協力し、これらの問題や課題に取り組む上で実りある役割を果たすことを願っています。」彼が追加した。

「光工学やその他の分野でチッタゴンに従事している約20の日本企業は、主にチッタゴンの輸出加工区(EPZ)にあります。既存の企業の成功は、潜在的な投資家や信者をバングラデシュに導くでしょう」と彼は言いました。

READ  日本の自動車販売は8月に日本の自動車メーカーに落ちました