Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はG7で、今年、石炭への外部資金調達を停止することを約束した。

東京-菅義偉首相は今年、国内企業が主導するオフショア石炭火力発電プロジェクトに対する政府の補助金を補償なしで終了することを約束し、化石燃料に対するG7の同業者と一致するようにした。

英国のG7サミットでの日曜日の菅の約束は、日本が2021年に石炭融資を終了するための具体的な行動を取ることで環境大臣会合で合意した5月からの一歩を表しています。

石炭に対して統一戦線を作る動きは、温室効果ガスの世界最大の排出国である中国に焦点を当てています。

「先進国だけでなく、主要な排出源からもより多くの努力を求めることが重要である」と菅氏は仲間のG7首脳に語った。

G7の指導者たちは、石炭を「温室効果ガス排出の最大の単一原因」と呼び、週末の声明で「石炭への執拗な国際投資は今やめなければならない」と述べた。 石炭は、炭素回収などの緩和技術を絶えず欠いています。

日本は、石炭火力技術の輸出に対して政府の支援を提供しているグループ・オブ・セブンの中で唯一の国であり、気候活動家のグレタ・トゥーンバーグなどから批判を受けている立場です。 経済産業省のエネルギー関係者は月曜日、日本が高効率の石炭火力発電所に引き続き支援を提供するかどうかについては明らかにしなかった。

「私たちの政策は反映される」と当局者は述べ、インドネシアやベトナムなどの国で契約中のプロジェクトへの支援は継続されると付け加えた。

G7とEUの指導者は、6月11日のG7サミット中に、英国のカービスベイで会談を行います。 ©AP

日本はG7の他のどの加盟国よりも石炭に依存しており、発電量の約30%を燃料に依存しています。 この高水準は、2011年の福島第一原発事故以降の古い原子力発電所の長期停止を部分的に反映しており、安全規則の厳格化につながった。

国内行動への圧力も高まっており、国のエネルギー容量に関して、G7首脳は「執拗な石炭火力からの移行をさらに加速する技術と政策を急速に拡大する」ことに合意したと声明は述べた。 声明草案の交渉中に、一部のメンバーは、排出量を削減するためのアップグレードが不足している石炭プラントを段階的に廃止するための目標年を設定することを提案した。

炭素の回収、使用、貯蔵など、この技術を使用する工場には例外が認められています。

G7首脳はサミットで、2010年と比較して2030年までに温室効果ガスの総排出量をほぼ半分にすることを約束しました。

しかし、豊かな国々はまた、気候変動の影響に苦しんでいる貧しい国々に援助を提供するという圧力に直面しています。 先進国は、開発途上国の気候関連のニーズを満たすために、2020年までに公​​的および私的の両方で年間1,000億ドルの支援を提供するという国際目標を達成できていません。

菅氏によると、日本は2021年から5年間で6.5兆円(593億ドル)相当の支援を提供するという。

READ  アマゾンは日本のデータセンターに再生可能エネルギーを求めています