Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はG7にガス投資を強化するよう促します – ソース

日本はG7にガス投資を強化するよう促します – ソース

パリ、4 月 13 日 – エネルギーに乏しい日本は、主要 7 か国 (G7) の気候およびエネルギー担当大臣の間で、天然ガスの探査と生産へのさらなる投資をめぐって苦戦を強いられている、とフランスの省当局者は述べた。

今週末、日本の札幌で開催される G7 閣僚会議は、気候変動に対処するための取り組みを調整することを目的としています。気候変動は、モスクワが昨年ヨーロッパへのガス出荷を削減した後、エネルギー安全保障上の懸念から圧力を受けており、世界的な供給圧力と価格の上昇を引き起こしています。

「(日本の)エネルギーの理由は理解していますが、彼はG7声明の文脈でそれと戦うように求めました. 「これらの交渉では、化石燃料やガス探査に有利な言葉を避けるために、他のG7メンバー間に非常に強い結束があります。」

パリの日本大使館は、電子メールでコメントを求めたが、すぐには返答しなかった。

東京が提案した最初の声明草案では、「(液化天然ガス)の需要は引き続き増加する」と述べ、「LNGと天然ガスへの必要な上流投資」を求めた、とロイターが確認した文書は述べた。

同じくロイターが確認したその後のレビューでは、その言葉遣いを弱め、世界のエネルギー供給のギャップは「私たちの気候目標とコミットメントと一致する方法で」埋める必要があると述べています。

その局長が閣僚会議に出席する国際エネルギー機関は、2050年までに地球温暖化を摂氏1.5度に抑えるというパリ協定の目標を達成することは、化石燃料プロジェクトへの新たな投資がないことを意味すると述べた。

フランスの当局者は、米国は、ガス上流への新たな投資に関する声明に対するG7欧州メンバーの「敵対的」姿勢に概ね同意しているが、カナダはやや穏健であり、日本の大統領府の提案を支持していると述べた。

同当局者は、フランスは昨年、石炭の使用を解決するという約束をした後、「化石燃料からの完全な撤退」のためのより野心的な文言を求めていると付け加えた。政府。 今年後半に開催される COP28 気候会議には、20 か国のグループが参加します。

日本は依然として大量の石炭を燃やしており、少なくとも 10 年から 15 年間は輸入天然ガスに依存する計画であると述べている。当局者は、「日本の原子力エネルギーの再始動にフランスが同行するための具体的な交渉を含め、原子力協力について議論する」機会を節約すると述べた。

G-7 欧州団結の鎧に潜在的な穴が 1 つあります。ドイツは今週末、最後の 3 基の原子炉を削減し、ほとんどが石炭とガスで満たされたエネルギー供給のギャップを作り出します。

「言うまでもなく、核エネルギーの出口を補うための化石エネルギーの運用は、私たちが集合的に支持する気候変動対策の方向に進んでいない」とフランスの当局者は述べた。 交渉は進行中だが難しい。

(American Hernandez による報告、Richard Love と Mark Potter による編集)

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本政府、スニル・ウィジェシーニャ氏に「旭日勲章」を授与 - ビジネスニュース