Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本へのフィン・ラッセル:スコットランドのスタンドオフは「寿命を延ばすことができる」

Racing 92のフィン・ラッセルが来日。 (Getty Images 経由の XAVIER LEOTY/AFP による写真)

ラッセルとレーシング 92 との契約は今シーズンで満了し、このスタンドオフは日本リーグへの移籍につながります。 レーシングは夏にコーチングスタッフを変更し、元イングランド代表のスチュアート・ランカスターがレンスターからラグビーのディレクターとして加わる。 ランカスターは、先週スコットランドのチームから外されたラッセルを取り巻く不確実性の中で、新しいフライハーフを検討していると言われています.

オーストラリアで最もキャップ数の多いクレイゲンは、2010-11 年にサントリー サンゴリアスでプレーし、東京を拠点とするクラブが全日本選手権で優勝するのに貢献しました。 彼は、ラグビーのスタイルとより軽いスケジュールが選手のキャリアを延ばすのに役立つと信じています. 「私のキャリアの終わりにその経験を持っているので、あなたには長寿があり、ゲームで本当に改善し、経験を積むことができると信じています. 「フォーリ・トゥ・ブリーズ [the former South Africa scrum-half] それは同じでした。 もし彼が日本に行かなかったら、2015年の最後のワールドカップでプレーすることはなかったでしょう.

「フィンはそこでうまくプレーするだろう。 彼はそれに合っていると思いますし、とても楽しんでくれると思います。 彼はこれまでで最高のフィジカルコンディションになると思いますし、それが日本のラグビーの良いところだと思います。 プレイしているときは「ここは人生を終わらせるのに適した場所だ」と思っていましたが、そこにたどり着くと、そうではありません。 完走するためにそこに行くのではなく、エネルギッシュで高度なスキルを持ち、技術的に非常に効率的な、別のスタイルのラグビーを受け入れるために行くのです。

READ  日英、新型空対空ミサイルの共同開発を進める=大使