Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本も火星での生活を探しています

NASAと欧州宇宙機関による進行中の火星ミッションに加えて、日本のミッションは、火星またはその月のフォボスからの岩石サンプルに生命の痕跡がないか調べたいと考えています。

火星探査車の持続性 最近最初の試みで行われた、 赤い惑星からの岩石サンプル 削除に失敗しました。 ただし、さらに掘り下げる予定です。 NASAは、Esa Earth Return Orbiterと協力して、この10年の終わりまでにサンプルを地球と地球に戻す予定です。 過去の人生の痕跡 調べる。 日本の宇宙機関であるジャクサは、火星の衛星フォボスで同様のプロジェクトを間もなく開始する予定です。

日本の宇宙船は2024年に火星に向かって飛ぶでしょう

業界誌に1つ 科学レポートを公開する 日本のJAXAの科学者である兵頭亮樹と臼井知宏は、宇宙探査機を使用して、まだ開発中の火星の衛星を探索します。 計画によると、宇宙船は2024年9月に火星に向けて出発する予定です。約1年後、フォボスへの着陸が計画されています。 しなければならない 火星の衛星を探索する 10〜100グラムの土壌のサンプルを取ります。

その後、火星の2番目の衛星ダイモスからのいくつかの飛行が計画されました。 サンプルは2029年に地球に到達するはずです。その後、火星での過去の生命の痕跡がないか調べられます。 彼らの記事の中で、科学者たちはまた、日本の宇宙ミッションが火星からではなくフォボスから直接サンプルを採取した理由を説明しました。

微生物学的生命の痕跡の探索

つまり、火星の月の表面で、科学者たちは、小惑星が火星に衝突したときに宇宙に投げ込まれ、フォボスまたはダイモスに着陸した岩石を研究しました。 これらは、以前は火星で可能であった微生物学的生命の痕跡を持っている可能性があります。

ほとんど終わった!

確認メールのリンクをクリックして登録を完了してください。

ニュースレターの詳細をご希望ですか?
今すぐ詳細をご覧ください

一方、フォボスに水や大気が存在することは疑われません。 研究者によると、生命の痕跡が見つからなくても、フォボスと火星から採取したサンプルは、火星ではなく地球に生命が存在しない(もはや存在しない)理由の問題を解決するのに役立ちます。

あなたもこれに興味があるかもしれません

READ  チップメーカーのTSMCは、ドイツの拡大について話すのは時期尚早だと言っています