Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本を世界のチップマップに戻すRapidusの「最後のチャンス」

日本を世界のチップマップに戻すRapidusの「最後のチャンス」

この記事は Science に従ってレビューされています 編集プロセス
そして ポリシー
編集者 コンテンツの信頼性を確保しながら、次の機能が強調されました。

ファクトチェック

評判の良い通信社

校正


ラピダスの東哲郎社長は「日本にとって非常に強力なデジタル技術産業を構築することが非常に重要になっている」と述べた。

× 近い


ラピダスの東哲郎社長は「日本にとって非常に強力なデジタル技術産業を構築することが非常に重要になっている」と述べた。

世界最大手の企業数社を結集する日本のラピダスプロジェクトの責任者は、かつて支配的だった日本の半導体部門を再び世界地図に載せる「最後のチャンス」だと警告した。

同社には政府の資金力があるが、東哲郎氏はAFPのインタビューで、今後の課題について幻想は抱いていない、と語った。

業界のベテランでチップ製造ツールの大手メーカー、東京エレクトロンの元社長である東氏は、「世界全体がデジタル化している。日本にとって非常に強力なデジタル技術産業を構築することが非常に重要になっている」と述べた。

「日本は他国より10年以上遅れている。追いつくには巨額の資金が必要だ。」

日本政府は、2030年までに国産チップの売上高を3倍の15兆円以上に増やすため、最大4兆円(257億ドル)の支援を約束した。

世界のチップの半分を製造する台湾積体電路製造会社(TSMC)は、昨年2月に日本に新しい製造工場を開設し、第2工場の設立を計画しているため、すでに恩恵を受けている。

政府はソニー、トヨタ、IBMなどが参加する合弁会社ラピダスに9200億円を割り当て、現在北海道地域に立派な工場を建設中だ。

目標は、より多数の小型トランジスタを含むチップの次のフロンティアであるナノメートル技術を使用して、2027年から日本でロジックチップを量産することである。

TSMCなどはすでに、人工知能(AI)革命を促進する上で不可欠となる2nmチップの完全生産に向けて競い合っている。

しかし、ヒガシ氏はラピダスならそれができると確信しており、何が問題になっているかについて躊躇なく話す。

同氏は、日本にとって競争力のある半導体産業を再スタートさせる「これが最後のチャンスかもしれない」と述べた。


Rapidusプロジェクトには、トヨタやソニー、米国の巨大企業IBMなどの日本の大手企業が集結する。

× 近い


Rapidusプロジェクトには、トヨタやソニー、米国の巨大企業IBMなどの日本の大手企業が集結する。

需要爆発

東氏は、人工知能やデジタル技術が人々の日常生活に浸透するにつれ、2027年頃までに先進的でエネルギー効率の高い半導体に対する世界的な需要が大幅に増加すると予想されていると述べた。

GoogleやOpenAIなどのアメリカのテクノロジー企業も、かつて世界的なテクノロジーリーダーであった日本が人工知能における覇権を取り戻すことを期待して、日本に多額の投資を行っている。

現在人工知能の主流となっているチップを保有するエヌビディアの最高経営責任者(CEO)は、同社が日本に供給するために「できる限りのことをする」と述べた。

しかし、海外供給への依存度が低くなるのは明らかで、「デジタル社会になった。日本のあらゆる産業が半導体に大きく依存するようになるだろう」と付け加えた。

日本は 1980 年代から 1990 年代初頭にかけて半導体産業の大きなプレーヤーであり、NEC や東芝などの企業が先頭に立って世界市場の半分を支配していました。

現在では市場の約10%を占めているが、以前は東京エレクトロンなどの企業が東で事業を展開しており、依然としてチップ製造装置や材料のリーダーである。

しかし、日本の目標には地政学的な側面もある。中国の侵略への懸念から、米国などとともに、台湾のTSMCの製造業者への依存を減らそうとしているからだ。

一方、米国政府は中国政府の人工知能開発を阻止するため、中国への次世代チップの供給を制限しようとしている。

東氏は地政学的問題について直接議論することは避けたが、日本や米国などの友好国の企業が国際サプライチェーンを維持するための課題を共有することを期待していると述べた。

「日本には米国と同様、大手の生産装置会社や素材会社が数多くある。高度な製品を必要とする顧客を相手にしている」と同氏は語った。

「生産装置メーカーや材料会社からも支援をいただいています。」

同氏は、この成功により、若い技術者が日本のチップ分野の成長を続けるきっかけとなるだろうと付け加えた。

「私たちは新しい半導体を作り、新しい世界を創造できると人々にインスピレーションを与えなければなりません」と彼は言いました。

READ  オーストラリアの飛行船Wayward StrandのKotakuの印象