Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本を拠点とする日精樹脂工業は、米国本社をサンアントニオの南東側に移転しました。

カリフォルニアからテキサスへの移住は続いています。

日本を拠点とする日生プラスチック工業は水曜日、米国本社をカリフォルニア州アナハイムからサンアントニオに来月移転すると発表した。

Nisseiは、南東側のブルックスに製造施設を建設するために2,100万ドルを投資したとき、2016年に最初にサンアントニオに拡大しました。 その労働者は射出成形機を組み立てます。

しかし、サンアントニオの立地と活況を呈する製造業により、ニッセイは米国での事業をここに統合するようになりました。

「サンアントニオの中心部にあるため、米国の他の地域、メキシコで急成長している市場にすばやく簡単にアクセスできます。ヒューストン港に近いため、中南米やヨーロッパへのアクセスが広がります。」日精依田穂積社長は声明で述べた。

「さらに、この地域は、米国の製造業およびプラスチック産業で最も雇用が集中している地域の1つです」と彼は言いました。 「サンアントニオは繁栄する大きな可能性を秘めており、ニッセイアメリカ社の将来の成長にとって非常に魅力的な環境です。」

1947年に設立され、東京証券取引所で取引されている日生は、新しい本社でより多くの労働者を雇用する予定であると語った。 しかし、同社は、いくつの新しい雇用を創出すると予想しているのかについては明らかにしなかった。

サンアントニオの施設は、二世の日本国外で3番目の製造拠点です。 同社はまた、中国とタイで1つの工場を運営しています。

ブルックスの115,000平方フィートのプラントの建設は、2016年後半に開始され、作業は2018年5月に開始されました。

ベクサー郡のネルソン・ウルフ裁判官は声明のなかで、「質の高い製造業の仕事を追加し、それらの素晴らしい仕事を引き受けるように労働力を教育するという私たちのコミュニティの戦略的焦点は、最初にネッシーをサンアントニオにもたらした」と述べた。

連邦労働統計局によると、サンアントニオの製造業は、2020年春のパンデミックによる景気後退から大幅に回復したため、ニッセイの発表がありました。この春の初めには、2001年以降のどの時期よりも多くのサンアントニオ人が製造業に従事していました。

READ  日本では、キャリアがすでに提供している