Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本を直す方法 | ローウィ研究所

日本を直す方法 | ローウィ研究所

書評: 日本経済の将来を賭けた競争: 起業家 vs. 巨人 リチャード・カッツ著(オックスフォード大学出版局、2023年)

日本ほど改革を必要としている先進国はない。 30年にわたる経済停滞は、比較的弱い生産性、弱い人口動態、そして世界的に記録的な公的債務によって引き起こされました。 これは経済的繁栄を損ないます。 今や韓国の一人当たりGDPは日本を超えた。 日本のメーカーが電気自動車への参入を遅らせているため、中国は日本を追い抜き、世界最大の自動車輸出国となった。

また、隣国の北朝鮮、ロシア、中国の間を含む地政学的な緊張の高まりを背景に、景気後退は日本の軍事費増額への取り組みを制限している。 長年にわたり、国際通貨基金(IMF)や経済協力開発機構(OECD)によって、日本の改革に向けた無数の政策提言が行われてきた。 安倍晋三前首相の政権(2012~2020年)は、「アベノミクス」と呼ばれる野心的な経済活性化プログラムを採用した。 しかし全体としては、側面を変えるには十分な取り組みが行われていません。

おそらく日本経済の再生に関して最も興味深い提案は、リチャード・カッツ氏が最近彼の新著で提案したものでしょう。 日本経済の将来を賭けた競争: 起業家 vs. 巨人。 著名なアナリストであり、次のような本の著者であるカッツ氏は次のように述べています。 日本:緊張したシステム 日本の主な経済問題は政治的なものであり、政府は「創造的破壊」のプロセスを阻止しようと努めている。 日本が直面している課題は、自らを再発明することではなく、古い自己を再発見することである。

起業家精神は 1953 年から 1973 年までの日本の高度成長期の主な推進力の 1 つであり、エレクトロニクス大手のソニーやオートバイおよび自動車メーカーのホンダなどの企業が設立されました。 カッツ氏は、新規事業の誕生率が高いにもかかわらず、失敗した事業は失敗することが許され、新たな事業が生まれる余地が残されていると書いている。

ソニーのヘッドフォン
1953 年から 1973 年までの日本の高度成長期には、起業家精神によりエレクトロニクス大手ソニー (シッダント/スプラッシュ解除)

しかし政府は、1973年のオイルショックと1990年代初頭に始まった金融危機を受けて、この「創造的破壊」のプロセスを遅らせた。 社会の安定を達成するために、日本政府は倒産して失業を引き起こすのではなく、瀕死の企業を支援しました。 言い換えれば、政府は政府資金によるセーフティネットではなく、民間部門のための実質的なセーフティネットを創設したのである。

その結果の 1 つは、企業の死亡率と出生率の低下です。 日本の中小企業はOECD諸国の中で最も歴史があり、成長率は最も低い。 国内最大の電子機器メーカー 20 社のうち、1959 年以降に設立されたのは 1 社だけです。

このようにして、日本経済は新しいアイデアや起業家精神に富んだダイナミズムを奪われ、その結果、日本の労働生産性は米国の労働生産性のわずか60パーセントに過ぎず、G7諸国の中で最低となっている。 つまり、日本は、志を同じくする人材を奨励する終身雇用制度のせいで、経営者と従業員が自分の思い通りに固まってしまう「古い会社病」に苦しんでいるのだ。

良いニュースは、カッツ氏が日本で起業家精神が復活する兆しがあると感じていることだ。 近年、海外留学を経験した国際経験のある起業家による新たな事業創出の波が押し寄せています。 従来の大企業での限られた終身雇用の保障を放棄し、中途で新しい企業に転職する労働者が増えている。 高齢化社会の副産物として、労働力不足により労働者に大きな交渉力が与えられ、キャリアにおいてより多くのリスクを負うことをいとわないようになっています。

また、労働市場の逼迫により、日本の職場、特に新興企業における女性差別が解消されつつある兆候も見られる。 世界経済フォーラムの最新報告書で日本が146カ国中125位にランクされていることからもわかるように、高学歴の日本女性は日本経済にとって過小評価されている。 世界的なジェンダーギャップレポート

日本にはエンジェル投資家がほとんどおらず、保守的な日本の銀行は新規企業、特に女性が創設者である企業への融資に消極的である。

テクノロジーはまた、日本がより良い成果を上げるための大きな機会を提供します。 カッツ氏は、IMDビジネススクールによる64カ国のランキングで日本は「デジタルレジリエンス」の観点で最下位となったが、電子商取引は現在、特に国内有数のオンライン「ショッピングモール」である楽天を通じて人気を博していると指摘する。 これは、流通システムに対する大企業の優位性を侵食するのに役立ちます。

こうした明るい兆しにもかかわらず、日本の新興企業は依然として多くの障害、特に資金調達の確保に直面している。 日本にはいくつかある エンジェル投資家保守的な日本の銀行は、多くの場合、巨大企業と同じ広大な複合企業体に属しているが、新しい企業、特に女性創業者がいる企業への融資には消極的である。 誰もがこれらの新たな前向きな展開に満足しているわけではありません。 強い伝統的な企業は創造的破壊の可能性を恐れています。

カッツ氏は、日本の新たな前向きな傾向は政府の行動によって増幅される必要があり、エンジェル投資家の阻害要因を取り除くなど、政府ができることはたくさんあると主張する。 政府は新興企業に研究開発資金のより多くの部分を与える可能性があるが、現在その90%は古い大企業に与えられている。 政府調達契約の一部は、新しい機関のために確保される可能性があります。 カッツ氏にとっての目標は、古い企業と新しい企業の間でより良いバランスを達成することであるはずです。 どちらも必要です。 しかし今日では、このシステムは新規参入者に対して不正に操作されています。

日本の事実上の一党民主主義の下では、与党である自民党には行動するあらゆる動機がある。 2009年に起こったように、日本の長引く経済停滞と地政学的弱体感の増大に対する不満が野党による政府打倒を促すだろう。さらに、日本は国家の将来とその役割が危機に瀕する段階に達している。 インド太平洋地域の平和と安全の基本的な柱として。

起業家精神にあふれた競争相手の繁栄を促進するためのカッツ氏の提言は、日本に完全な解決策を提供しない可能性がある。 コーポレート・ガバナンスの改善や出生率の向上など、他にも多くの対策が必要です。 しかし、それは日本の生産性を向上させ、日本の地政学的な安全保障意識を向上させる上で大いに役立つ可能性がある。

READ  開発・貿易協力促進を目的とした日本・ネパール開発フォーラムを発足