Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本サッカー界のレジェンド「天才」小野伸二が44歳で引退

日本サッカー界のレジェンド「天才」小野伸二が44歳で引退

日本の偉大な小野伸二選手が日曜日に44歳でサッカー界を引退し、欧州クラブカップで優勝した初の自国の選手となった。

小野は、オランダのクラブで4年間成功を収め、2002年のUEFAカップ決勝でボルシア・ドルトムントを破ったフェイエノールトチームの一員だった。

この攻撃的ミッドフィールダーは、1990年代後半から2000年代初頭にかけて、中田英寿や三浦知良とともに日本人選手の先駆者の一人であった。

「天才」の異名を持つ小野は、18歳で国際デビューを果たし、2か月後の1998年フランスワールドカップに日本代表として出場した。

彼は3度のワールドカップに出場し、56キャップを獲得し、6つの国際ゴールを決めた。

小野は2000年にアジア年間最優秀選手に選ばれ、2013年にはウエスタン・シドニー・ワンダラーズやドイツ、オーストラリアのクラブとともにAリーグ・プレミアシップで優勝した。

J. 浦和レッズでリーグ優勝、アジアチャンピオンズリーグ優勝、2000年には日本でアジアカップ優勝。

J. 小野は北海道コンサドーレ札幌での​​最後の出場を果たし、日曜、リーグ最終節のアウェイでの浦和戦で2-0で勝利した。

56歳のストライカー「キング・カズ」三浦を含め、彼の元日本代表チームメートの多くは40代以上になってもプレーしている。

READ  福島の水漏れで中国で高まる反日感情