Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本シリーズ「今際の国のアリス」がNetflixでシーズン3制作決定

日本シリーズ「今際の国のアリス」がNetflixでシーズン3制作決定

Netflixは、日本のディストピアスリラーシリーズ「今際の国のアリス」のシーズン3にゴーサインを出した。

この発表は、インドネシアで開催されたAPOSカンファレンスの2日目に、Netflixのアジア太平洋コンテンツ担当副社長キム・ミニョン氏によって行われた。

麻生羽呂による同名の漫画シリーズを原作とした「今際の国のアリス」は、並行世界に転送されたアリスを主人公に、生き延びるためにゲームをプレイして勝たなければなりません。 ゲームは、トランプのスートによって表される 4 つのカテゴリに分類されます。 この漫画は、2010年から2016年まで日本の週刊少年サンデーSと週刊少年サンデーで連載されました。

ストリーマーは、「シリーズのトレードマークである強度と映画的な卓越性を確実に維持するため」、佐藤信介がシーズン3でも監督として復帰することが確認されたと述べた。 佐藤は『GANTZ』、『いぬやしき』、『デスノート Light Up the New World』などの映画にクレジットされているほか、『キングダム』やミニシリーズ『デスノート』などのテレビにもクレジットされている。

山崎賢人と土屋太鳳がシーズン3でもありすとうさぎ役を続投することが決定した。 Netflixは「ファンは常に危険なボーダーランドの中でキャラクターが進化していくのを楽しみにしている」と述べた。

最初のシーズンは2020年12月に開始され、アジアとヨーロッパの約40地域で最も視聴された番組のトップ10にランクインしました。 シーズン2は2022年12月に公開され、すべてのアニメタイトルを含め、日本でNetflix史上最も視聴されたタイトルとなった。 90か国以上でトップ10入りし、そのうち17か国で1位を獲得し、全世界で2億時間の視聴を記録した。

READ  カンヌで『インディ・ジョーンズ』5回目のプレミア上映