Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本チームが世界初の脊髄幹細胞検査を実施

ポストする:

東京(AFP)- 日本大学は金曜日、最初のそのような臨床試験で、脊髄損傷のある患者に幹細胞を移植することに成功したと述べた。

現在、日本だけで10万人以上が罹患していると考えられている重度の脊椎損傷による脳卒中の効果的な治療法はありません。

東京の京大学の外科医は、人工多能性幹(IPS)細胞が創傷の治療に使用できるかどうかを研究したいと考えています。

iPS細胞は、成熟した、すでに特殊化された細胞を若返らせることによって作成されます。

IPS由来のニューロン細胞を用いた慶應義塾大学の研究によると、それらはその後、異なるタイプの細胞に成熟するように誘導することができます。

実験の最初のステップは、先月の手術中に200万個を超えるiPS由来の細胞を患者の脊椎に移植することでした。

「これは間違いなく大きな改善だ」と研究を率いる京大学の教授である中村雅哉は記者団に語った。

しかし、彼は治療を使用する前に「多くの仕事をしなければならない」と付け加えました。

研究者らは、研究の初期段階は代替システムの安全性を確保することを目的としていると述べました。

患者は、研究が安全に進行できるかどうか、そして他の人が代替手術を受けることができるかどうかを判断するために、最大3か月間独立したパネルによって監視されます。

チームは、幹細胞インプラントが神経機能と生活の質を改善できるかどうかを見たいと思っています。

大学は2019年に政府の承認を受けましたが、Govt-19の流行により、採用は停止されました。

患者の詳細は秘密にされますが、チームは手術の14〜28日前に負傷した患者に焦点を合わせます。

動物に装着された細胞の数は安全性試験後に決定され、研究者らは、研究の主な目的は、治療効果を監視しながら細胞移植の安全性を研究することであると警告しました。

READ  コストが利益率を押し上げるため、日本のメーカーのムードは低下します