Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本フランス国家功労勲章教授:朝日新聞

日本で男女共同参画を推進するためのソフィア大学法学部教授の卓越した努力により、フランスはフランス国家秩序の騎士に選ばれました。

6月11日に東京のフランス大使館で名誉ある栄誉を受けた三浦まりさん(53)は、フランス語の「オウム」の魔法を生み出したパフォーマンスを通じて、フランス政府の注目を集めました。

東京都千田区の大学教授は、日本の政党が選挙に出馬する候補者の男女共同参画を推進する法案の起草に関与したときにこの用語を使い始めた。

日本では、女性は立法府のわずか10パーセントを占めています。 ジェンダー平等法は、政治、政党、連邦政府、地方政府に性的および出産の嫌がらせを防ぐための行動を取るよう促すために改正された後、最近より多くの歯を与えられました。

「日本は徐々に変化しており、今後10年間で再び劇的に変化するでしょう」と三浦氏は語った。

彼は、政党が同数の男性と女性の選挙候補者を擁立することを要求する「ロイ・パリット」(平等法)のフランスの概念を見つけました。これは、法律が必要な理由を人々に説明するために使用するのに最適です。

三浦は、行動を遅らせないという方針を打ち出し、「パリットキャンペーン」を目標に、ソーシャルメディアを通じて国内外のジェンダー問題に関する情報を急速に広め始めました。

また、全国各地で「オウムカフェ」イベントを開催し、男女共同参画アカデミーの共同議長を務め、政治家になりたい女性にキャンペーンの方法を教えています。

1986年に平等雇用機会法が施行されて大学に入学した三浦は、本能的に男性中心の日本企業で働くのではなく、政治学の研究者としてのキャリアを選んだ。

しかし、彼女の妊娠と母性にもかかわらず、彼女が受け取った感情的なコメントは彼女の目に涙をもたらしました。

三浦はそれを感じる 日本の政治家のほんの一部が女性で構成されている理由を研究することに人生を捧げ、彼女は彼女の自然な道をたどります。

READ  日本の神聖な熊野古道への巡礼ルートでのハイキング