Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本ブームの中でキャラ弁がレストランのキャパシティを拡大

日本ブームの中でキャラ弁がレストランのキャパシティを拡大

外国人観光客向けに、美しい器に盛り付けた食材を盛り付けたお弁当づくりのワークショップは、インバウンド観光客向けの飲食店にとって新たなチャンスをつかむのに役立つだろう。

観光客向けの料理教室は新しいコンセプトではないが、イベント主催団体「ウマミ・エクスペリエンス」が新たに始めた飲食店主催の「ぎやら弁」教室は、食事の隙間を有効活用して新たな収益を生み出している。

「ランチからディナーまでの売り上げをどう伸ばすかを考えたとき、レストランが3つの異なる顔を持って取り組む三者構成のアプローチを考えました」と株式会社ビュートアート代表取締役の山口祐樹氏は語る。

日付のない写真は、Umami Experience料理教室の参加者に作り方を教わるパンダをテーマにしたキャラクター弁当を示している。 (写真提供:株式会社バドアート)(京都)

インフルエンサーを活用して地元ビジネスを宣伝することに特化したソーシャルメディアマーケティング会社である同社は、訪日観光客向けに体験をカスタマイズすることを目的として、レストラン経営者のブライトと提携して先月「Umami Experience」プログラムを開始した。

キャラ弁教室は、東京・赤坂にあるブライトが運営するレストラン「馬味くらみ」で開催されており、ランチタイムのみ営業しており、夜にはカフェ&バー「IKEO」の支店として営業を再開する前にキャラ弁教室を受講できる。

ギヤラ弁とは、通常、親が子供のために昼食を作ることで、米、野菜、卵、肉などのさまざまな食材を美しいデザインや皿に盛り付けるものです。

ソーシャルメディア上でのアニメーションや複雑に盛り付けられた弁当の描写がギャラ弁ブームに拍車をかけ、現在では多くの料理学校や個人講師が日本中のインバウンド観光客向けにそのようなクラスを提供している。

山口さんは「(ぎゃら弁教室は)住宅で行われることが多い。飲食店で行うのはあまり一般的ではないと思う」と語った。

1月 21日、うま味だくらみで富裕層10人がうま味体験教室に参加し、パンダのキャラクター弁当の作り方、海苔やご飯の山で顔を作る方法、ミニソーセージでハートを作る方法などを教わった。

参加者の一人、東京を拠点とするオーストラリア旅行とグルメのステファティさんは、この経験が「家で卵焼きを作ることに興味を持った」とインスタグラムに投稿した。

2024年1月21日、東京のうまみたくらみでキャラクター弁当の料理教室に参加するインフルエンサーたち。 (写真提供:株式会社バドアート)(京都)

2.5時間のクラスは、トリップアドバイザーで平日1人8,000円(55ドル)で予約可能。山口さんは、将来的にはこのキャラクターを他のレストランオーナーに伝えて、彼ら自身がそのようなワークショップを開催できるようにしたいと語った。

日本酒カクテルとのディナーペアリングや、「キャラクターケーキ」を含むぎゃら弁クラスの拡大など、「Umami Experience」ラベルの下でのさらなる活動が進行中です。

山口さんは「五つ星ホテルのシェフが多いので、より良い食材を使った料理の質の向上やデザートのアレンジなども検討したい」と話す。


関連報道:

最新ゲーミングPCが東京ゲームショウに登場

AI の助けを借りて、日本のペストリーのフレーバーが恋の段階を模倣します

わさびは高齢者の記憶力向上に効果的:研究


READ  平壌での日朝首脳会談で拉致が認められてから21年。