Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本ユニオングループが大幅な賃上げを発表、中央銀行の転換を予告

日本ユニオングループが大幅な賃上げを発表、中央銀行の転換を予告

ロイターのファイル写真
2023年9月20日、東京の日本銀行本店上空に掲げられた日の丸。

[東京(ロイター)] – 国内最大の労働組合団体は金曜日、大手企業との年次労働交渉が33年ぶりの高水準となる5.28%の賃上げで終了したと発表し、同国の中央銀行が間もなく背を向けるとの見方を強めた。 10年にわたる景気刺激プログラムから。

日本銀行が8年間にわたるマイナス金利政策を終了する寸前にある中で、この素晴らしい結果がもたらされた。 日銀関係者らは、移行のタイミングは今年の賃金交渉の結果次第だと強調した。

政策立案者らは、大幅な賃金引き上げが家計支出を押し上げ、昨年末に景気後退入りをかろうじて回避した経済全般に、より持続可能な成長をもたらすことを期待している。

労働組合団体リンゴによると、大手企業の従業員らは年間5.85%の昇給を要求しており、30年ぶりに5%を超えた。

約700万人の労働者を代表するこの組合グループは、その多くが大企業に勤めており、ボーナスや退職金の基礎となる賃金曲線を決定する賃金力の重要な尺度である3%以上のベースアップを目指していた。そしてボーナス。 年金。

アナリストらは、過去30年で最高水準だった昨年の3.6%上昇に続き、4%以上の上昇が見込まれ、1990年代初頭以来の最大規模となると予想していた。

政府はこうした賃上げを中小企業への転嫁に当てにしているが、中小企業は全企業のなんと99.7%、国の労働力の約70%を占めているが、その多くはコスト高を転嫁する価格決定力を欠いている。企業へ。 彼らの顧客。

ほとんどの中小企業の賃金交渉は3月末までに終了する見通しだ。

日本企業は賃金を引き上げたが、その増加はインフレにほぼ追いついていない。 インフレ調整後の実質賃金は22カ月連続で減少した。

READ  日本への投資は大成功を収めることができます