Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本ラグビー部のソングリアット選手が狼瘡の手で倒れた

日本ラグビー部のソングリアット選手が狼瘡の手で倒れた

東京で行われたジャパンラグビーリーグ1の第2準決勝で、元クイーンズランド・レッズの2列目ハリー・ホッキングスの活躍も遅れ、東京ソンゴリアトはオールブラックスのリッチー・モウンガ率いる東芝ブレイブ・ロボスに28-20で敗れた。

ブレイブルーパスは日曜日、ハーフタイムで10-7の劣勢から勝利を収め、元クルセイダーズのコーチでバース監督のトッド・ブラックアダー氏が監督するチームを10年ぶりの決勝に導いた。

土曜日の開幕準決勝で元ワラビーズ監督の埼玉パナソニック ワイルドナイツが横浜キャノンイーグルスを20-17で破った後、ブラックアダーは日曜の決定戦でカンタベリー&クルセイダーズ時代の恩師、ロビー・ディーンズと対戦することになる。

休憩明けにブレイブルーパスが3トライを決めてサンゴリアスが勢いを増す中、ホッキングスは後半開始早々にモウンガを含むタックルでコーナーで退場となり、シュートを打ち消された。

モンガは、前半にサイドバックで守備をしていた際にサントリーに空中からの攻撃を受けたが、休憩後はブラックアダーの攻撃陣がアンティを上げてコンタクトエリアを支配するにつれて、ますます支配的な存在となった。

オールブラックスは休憩明け最初のトライを演出し、前線の攻撃陣の背後にショートパスを出してサンゴリアスの守備に隙を作り、ウインガーのジョニー・ニカポラがクロスを上げ、傑出したサイドバックの佐々木健にボールを渡し、佐々木健がゴールに押し込んだ。 。 ゲームのルールを変えようとするために越えるのに最適なサポートラインです。

ブレイブルーパスは、サンゴリアスのスクラムハーフ斉藤直人が得点したと思った数分後、失点しなかったのが幸運だったが、タックルとみなされた不必要なボールの処理によりその努力は認められなかった。

サンゴリアスのフライハーフ高本幹也選手がペナルティゴールで1点を返して試合を終えた後も幸運は続いたが、そのときシャノン・フリゼル選手が印象的なデビューシーズンとなった10本目のトライでボールを失ったように見えた。

ブレイブルーパスの4回目のトライに疑いの余地はなかった。同じウインガーの桑山篤樹との流れるようなやりとりで、フィジー生まれのスピードスターがディフェンスを追い詰める前にタッチラインを駆け下りた後、ナイカプラが得点した。

モウンガのこの日4度目のコンバージョンでチームのリードを28-13に広げた。

ブリスベンの英国国教会のルールの産物であるホッキングスは、敗戦中も急速に名声を高め続け、2021年に来日して以来日本最高のストライカーの一人として評価されている理由を改めて示した。

25歳の彼は日本への出場権獲得までまだ2年あるが、長期プロジェクトとしてブレイブ・ブロッサムズのコーチ、エディー・ジョーンズの注目を集めているのは確かだ。

READ  報道によると、エディー・ジョーンズが日本のラグビーヘッドコーチとして復帰する予定だという