Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本一の大富豪

日本一の大富豪

最近リストをまとめました 日本で最も裕福な30人 この記事では、日本で最も裕福な人々について見ていきます。

日本経済:展望

6月10日、ロイター通信は、日本経済が2024年第1四半期に年率換算で1.8%縮小し、従来予想の2%縮小から下方修正されたと報じた。 予想よりも小さい下落は、中央金利の上昇の可能性への期待を与える。 銀行。 同国の個人消費は、コスト上昇により4年連続で0.7%減少した。 企業投資は回復の可能性を示唆しているが、アナリストらは、円安と日本の自動車産業、特にトヨタが国内の6つの生産ラインを停止したサプライチェーンの混乱を考慮して、さらなる景気減速を警戒している。 日銀はインフレ対策として債券買い入れプログラムを縮小する計画だ。 IMFによると、2024年の日本のGDPは4兆1100億ドルとなる。

日本の富

5月29日、フォーブス誌は、日本の富裕層50人の純資産の合計が2024年までに4%増の2000億ドルになると報じた。 バークシャー・ハサウェイは日本に数十億ドルを投資し、日経平均株価の35年ぶりの上昇につながった。 主要銘柄コード。 2023年に最後に純価値が測定されたときから円が15%下落したため、これらの利益は均衡した。 日本の富裕層50人のうち16人が資産の増加を経験したが、半数以上の億万長者は2023年と比べて資産が減少した。

日本のメディアとエンターテインメントのリーダー

日本は最大のメディアおよびエンターテインメント市場の 1 つです。 エンターテインメント コンテンツやハードウェア デバイスのトップ メーカーの本拠地です。 ソニー グループ (NYSE:SONY) は日本最大の複合企業体の 1 つであり、75 年以上にわたりイノベーションとテクノロジーのリーダーです。 同社は、エレクトロニクス、エンターテインメント、金融サービスなどの高成長市場で事業を展開する世界的な大手企業です。 ただし、2025年10月に金融サービス部門を部分的に分離する予定だ。 ソニーは日本だけでなく世界中で有名なブランドです。 同社はイメージセンサーの最大メーカーであり、プレミアム TV 市場のリーダーです。 5月14日、ロイター通信は、プレイステーション5本体の売上高が予想を下回ったにもかかわらず、イメージセンサーの需要増加により、同社は2024年の営業利益が5%増加すると予想していると報じた。 同社のイメージセンサーはスマートフォンからデジタルカメラに至るまでさまざまなデバイスに使用されており、同社はエンターテインメント事業において世界的に強い影響力を持っています。 同社は、CMOSイメージセンサーやゲームエンジンなどの技術開発に一層注力することで利益を得たいと考えている。

同社はPlayStation 5の販売台数が2,080万台と報告したが、2023年度目標の2,100万台をわずかに下回った。 ソニーグループ (NYSE:SONY) は投資家層を拡大し、1対5の株式分割を通じて自社株買いに16億ドル近くを投じる計画だ。 2023 年、ソニー グループ (NYSE:SONY) の売上高は前年比 19% 増の 13 兆円と報告されました。 ソニーのエンターテインメント事業であるゲーム&ネットワークサービス、音楽、映像は、2023年度の連結売上高の60%近くを占める見通しだ。

最近、ソニー・ピクチャーズはアポロとともにパラマウントを260億ドルで買収することに関心を示した。 この契約が成立すれば、市場におけるソニーの地位は高まり、北米興行収入の20%のシェアを獲得することになる。

2023年までに、ソニーのエンターテインメント技術とサービスの営業利益の80%が、イメージング、スポーツ、バーチャルプロダクション、プロオーディオなどの創作関連事業から得られることになる。 同社はメディアおよび放送業界のデジタル変革を加速することを目指しています。 同社は最近、2024年末までにソニーのビデオ伝送機器をKDDIの5Gスタンドアロン(5G SA)ネットワークに接続するソリューションを開始するためにKDDIと提携した。 安定した無線伝送とリモート制作機能を実現することで、映像制作ワークフローの向上に貢献します。 また、運用の効率化が求められる、クラウドベースの IP 中心のビデオ制作への市場の成長傾向にも対応します。 先進的な放送ソリューションの具体的な使用事例は、MWC Barcelona 2024 の KDDI ブースで展示されます。

日本一の大富豪

日本一の大富豪

Picnote/Shutterstock.com

方法

日本の最も裕福な30人のリストを作成するために、私たちはフォーブスのリアルタイム億万長者データを参照し、6月24日時点の純資産の昇順で日本の最も裕福な人々をランク付けしました。

Insider Monkeyでは資金が集まっている銘柄に注目しています。 理由は簡単です。私たちの調査によると、最高のヘッジファンドの最高の銘柄選択に従うことで、市場に勝つことができることがわかっています。 当社の四半期ニュースレター戦略では、四半期ごとに小型株と大型株 14 銘柄を選択し、2014 年 5 月以来 275% のリターンを記録し、ベンチマークを 150 ポイント上回っています。 (詳細はこちらをご覧ください)

日本一の大富豪

1. 柳井正と家族

6月24日時点の純資産:368億ドル

柳井正は日本の大富豪第1位です。 彼は、ユニクロチェーンを所有する小売アパレル会社、ファーストリテイリングの創設者兼CEOです。 2023 年、同社は 190 億ドルの収益に対して 20 億ドルの純利益を計上しました。 25 か国に約 2,500 店舗を展開しています。 6月24日現在、柳井正とその家族の純資産は368億ドル。

日本の他の富裕層について興味がありますか? に関するレポートをご覧ください 日本で最も裕福な30人

Insider Monkey ではさまざまなトピックを掘り下げていますが、私たちの専門知識は最高パフォーマンスの銘柄を特定することにあります。 現在、人工知能(AI)技術は最も有望な分野の一つです。 収益の5倍未満で取引されているNVDAよりも有望なAI株をお探しの場合は、当社のレポートをご覧ください。 安いAI株

次に読んでください: アナリストはNVIDIAにとって250億ドルの新たな「機会」があると見ている そして ジム・クレイマー氏が6月に推奨する10銘柄

開示: なし。 この記事は最初に公開されました インサイダー モンキー

READ  ClimateAi、日本でのプレゼンス拡大を発表