Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本一の石炭火力発電所が新工場の計画をキャンセル

東京発-日本のトップ石炭火力発電所であるJ-Powerは、山口県の発電所を閉鎖した、と同社は金曜日に語った。

「プロジェクトの収益性を考慮して、建設に反対することを決定しました」と、J-Powerのディレクターである菅野仁氏は述べています。 「私たちは既存の施設を使用して、可能な限り低いコストで二酸化炭素排出量を管理します。」

J-Powerは、日本の化学メーカーである宇部興産と大阪ガスとともに、宇部に600メガワットの石炭火力発電所を2つ設置することを計画していた。 大阪ケースは2019年4月にプロジェクトから撤退し、投資を回収できるとはもはや信じていないと述べた。

J-PowerとUbeは、600メガワットのユニットの計画を削減し、高度な環境機器やその他のオプションを使用してプロジェクトを進めることを検討しています。

しかし、他の化石燃料と比較して炭素化石燃料を使用しても、日本や他の主要経済国は、気候変動との戦いを加速させるため、ますます頭痛に直面しています。 日本は2050年までに正味ゼロ炭素排出量を達成することを目指しており、菅義偉首相は金曜日の首脳会談でジョー・バイデン米大統領と気候関連の協力について話し合うことが期待されている。

経済省は、排出量の抑制と非効率な施設の閉鎖を目指す日本の取り組みの一環として、2030年までにすべての石炭火力発電所の効率を43%にすることを計画しています。

現在の需要は、液化天然ガスや石油などの低炭素集約型の代替エネルギーを含む、すべてのタイプの熱エネルギーで44.3%です。 日本の電力会社連盟は、石炭の43%に到達することは「非常に野心的な目標」であると信じています。

日本には全国に約150の石炭燃焼施設があります。 経済省によると、大規模なアプリケーションによって推進されたもののうち、2019会計年度にしきい値を満たしたのは2つだけでしたが、31は40%以上の効率率を達成しました。

新規および既存のプラントはどちらも、43%の目標を達成するために巨額の投資を必要とします。 しかし、これは危険な動きとなる可能性があります。電力会社は石炭火力発電所で収益を上げ始めるのに少なくとも20年かかる一方で、日本は燃料に対してより厳しい制限を採用する可能性があるからです。

菅野氏は、「新工場のキャンセル決定に貢献した石炭に対する世界的な反発が見られる」と述べた。

READ  DVDfabは特別オファーで日本のゴールデンウィークを祝います