Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本一の高さを誇る新超高層ビル「麻布台ヒルズ」も巨大化

日本一の高さを誇る新超高層ビル「麻布台ヒルズ」も巨大化

11月24日、新しい超高層ビルが正式に東京のスカイラインにそびえ立つ。 高さ1,067フィートの麻布台ヒルズは現在、大阪のあべのハルカスタワーを83フィート上回り、日本で最も高い超高層ビルとなっている。

しかし、このプロジェクトは単なる高い塔ではありません。 開発者である森ビルにとって、麻布台ヒルズは東京の未来を再構築する道である。

「東京はグローバルプレーヤーから『選ばれる都市』に発展するべきです」と森ビルCEOの辻慎吾氏は言う。 「グローバル企業は単なるオフィス環境以上のものを求めています。」 (経営コンサルティング会社カーニーの最近のレポート 東京は4位 「貿易活動と情報交換の減少」にもかかわらず、世界の都市の中ではニューヨーク、パリ、ロンドンに次ぐ)。

これを達成するために、森氏は建築事務所ベイリー・クラーク・アンド・パートナーズが設計したこのプロジェクトを、87万2000平方フィートの敷地内に緑地、複合用途の建物、公共交通機関を組み合わせた「垂直庭園都市」として推進している。土地の。 都市生活者がコロナウイルス後の世界でどのように暮らしたいかを反映する地球。

建築家のフレッド・クラーク氏によると、麻布台ヒルズのメインタワーは、日本の首都の伝統的な超高層ビルの上限である東京タワーよりもわずか数フィート低いだけだという。

リチャード A. ブルックス – AFP/ゲッティイメージズ

ペリ・クラーク・アンド・パートナーズとその創設者シーザー・ペリには日本との長い歴史があり、1976年に完成したアルゼンチン系アメリカ人の建築家である東京のアメリカ大使館の設計を支援してきました。それ以来、同社は日本中のプロジェクトの設計を支援してきました。 , かつては日本一の高層ビルだったあべのハルカスや、きらびやかな超高層ビルと 1929 年建造の歴史的建造物を組み合わせた東京の日本橋三井タワーなど。

PC&P の麻布台ヒルズ プロジェクトには、世界中の超高層ビルとは一線を画すいくつかの特徴があります。 まず、太いです。 この塔の床面積は、世界中の街並みを飾る細い塔よりもはるかに大きい。 どれの 広いフロアプラン これは、都市生活のさまざまな側面を 1 つの建物に詰め込むという森のビジョンの鍵となります。

麻布台ヒルズのフラッグシップタワーの基準間取りは約52,000平方フィート。 これは、1 フロアあたり 35,000 ~ 40,000 平方フィートの賃貸可能スペースを提供するニューヨークの世界貿易センターや香港の国際貿易センターなどの超高層ビルと比較します。

そして、それは単なるオフィスビルではありません。 麻布台ヒルズ プロジェクトは、オフィス、住宅、ホテルスペースを含む複合用途のメインタワーと、その近くにある 2 つの住宅タワーの 3 つの接続されたタワーで構成されています。

1977年にベイリーとともにこの事務所を設立したフレッド・クラークによれば、建築家らは2つの「相反する」目標に対処しようとしたという。「当初から私たちが考えていたのは、非常に大きな建物でありながら、静かな人間の気配を感じられる建物をどうやって作るかということだった」近所だよ」と彼は言いました。

「私たちは、最上階への到着を祝うために、特に本館で表情豊かな頂上を作成することに懸命に取り組みました。そして、コミュニティを建物に迎えるために、低層階に透明で居心地の良い多孔質の床を作成しました」と彼は言います。

麻布台ヒルズのプロジェクトには、有名な(そして物議を醸す)デザイナー、トーマス・ヘザウィックが設計した屋外スペースもあります。

花井徹 – ブルームバーグ/ゲッティイメージズ

森ビルの辻氏は、この高層複合ビルには別の利点があると考えています。それは、道路レベルでの緑地スペースの増加です。 8.1ヘク​​タールのうち3分の1は公園として充てられ、果樹園と植物園用のスペースが確保される。

地上の中央部分は巨大なパーゴラで、有名なデザイナー、トーマス・ヘザウィックが設計したもので、ニューヨークのハドソン造船所で物議を醸した船舶の構造も担当した人物です。 2019年、ヘザウィック氏は「檻に入れられた野生動物の一部を都市から世界の中心に持ち帰りたい」と語った。 [Azabudai Hills] プロジェクト」とデザインアウトレットのインタビューで語った。 壁紙

辻氏は、パンデミックの余波により、日本の都市住民が麻布台の丘を好むようになっていると考えている。 「人々は、心身の健康に有益な場所は言うまでもなく、自然と調和した環境で暮らし、働き、リラックスすることをますます望むようになるでしょう」と彼は言います。

超高層ビルの軍拡競争を乗り越える

麻布台ヒルズは日本で最も高いビルであるにもかかわらず、世界標準では高くありません。 この建物の高さは 1,067 フィートですが、世界で最も高い超高層ビル 100 社にはランクされません。

英国紙ガーディアンの報道によると、現在100番地は中国鎮江市の蘇寧プラザタワー1で、その高さは1,109フィートである。 高層ビルおよび都市生息地に関する審議会。 米国で最も高い建物であるニューヨーク市の世界貿易センターは、高さ 1,776 フィートで 7 位にランクされています。 ドバイのブルジュ・ハリファは、高さ8,717フィートで、他を大きく引き離して世界で最も高い超高層ビルです。

PC&P は高層ビルの建て方を知っています。 ビリーは、マレーシアのクアラルンプールにあるペトロナス タワーを設計しました。ペトロナス タワーは、1998 年に完成した当時、世界で最も高い建物でした。(現在は 19 位にあります)。

ペリ クラーク アンド パートナーズは、1998 年の開業当時、世界で最も高い超高層ビルであったペトロナス タワーの設計にも貢献しました。

Sayyevul Ridvan – アナドル庁/ゲッティイメージズ

では、なぜ日本は中国、マレーシア、アラブ首長国連邦などの国々が目撃した超高層ビルの軍拡競争を回避したのでしょうか?

その理由の一つは伝統だとクラーク氏は説明する。 「少なくとも現時点では、日本の高層ビルは東京タワーより高くならないということで合意されています」と彼は言う。 (東京タワーは、高さ 1,091 フィートの東京の主要な通信および展望塔です。)

クラーク氏は、建物の高さを制限する他の要因として、コストのほかに、すべての建物が日本でよく見られる地震に耐えられるようにする必要性があると指摘しています。 「構造工学には制約がありますが、歴史の現時点では、本当にその気になれば、さらに高いレベルに到達することができます」と彼は言います。

アジアから学ぶ

クラーク氏は、アジアの都市は、オフィス、小売店、住宅スペースを 1 つの建物または複合施設内に組み合わせた複合用途の建物をより歓迎していると指摘しました。 これはコストのせいでもあります。シンガポールや香港などの都市では土地や建物のコストが高額になる可能性があり、設計者や開発者は設計の効率化を余儀なくされています。

しかし、文化的な側面もあります。アジアでは、「人々は同じ場所に住み、同じ場所で働き、同じ場所で遊びたいと心から望んでいます」とクラーク氏は言います。 「人々は週に8時間も9時間も通勤することを望んでいません。」

ペリ クラーク アンド パートナーズは、1899 年に初めて建設されたボストンの南駅の上に建てられるサウス ステーション タワーの設計も行っています。

エリン・クラーク – ボストン・グローブ/ゲッティイメージズ

PC&P は現在、ボストンの南駅にタワーを建設する 30 年プロジェクトなど、複合用途の建物を米国に導入しています。 (駅のデザインを維持するタワーの建設は2020年に始まり、2025年に開業する予定です。)

南駅や麻布台ヒルズのような高層プロジェクトを中心に「コミュニティは成熟し、進化する」とクラーク氏は言う。 「このプロジェクトは社会の変化に適応し、対応することができます。」

Fortune の Brainstorm Design Conference が 12 月 6 日に中国マカオの MGM コタイで再び開催されます。 参加者と出席者は、「AI 時代の共感」というテーマや、新しいテクノロジーがクリエイティブ業界にどのような革命をもたらしているかについて話し合います。

READ  日本企業はロシアでの操業停止を継続:調査