Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本中部の山で発見された遺体は、高官として特定された



岐阜県警察本部(ミニチ/鮫島博樹)

GIFU- 10月11日、岐阜県中部の山岳地帯で発見された男性の遺体が、内閣府の大臣事務局、地方警察の評議員として特定された。 24日に発表されました。

東京都北区に住む坂田元弘さんは、吉府県高山市の穂高岳の小道約200メートル下で、直径約50センチの岩に埋もれているのが発見された。 死因は複数の負傷でした。 警察は坂田岩が崩壊したのではないかと考えている。

岐阜県警察高山警察署によると、53歳の上級警官は9月18日から3日2泊、金の予定で山岳地帯に一人で入った。 9月20日、妻の長野は予備警察に連絡が取れないと訴えた。

携帯電話の位置データによると、坂田容疑者は木田穂高山近郊で発見され、家族の要請により、10月11日に捜索していた民間業者が太谷丘陵近郊で遺体を発見した。 標高約2,700メートル。 岐阜県警は遺体を特定しようとした。

気象庁によると、9月19日午後5時20分、坂田山に入った後、マグニチュード4の地震が高山を襲ったが、地震の原因はすぐにはわからなかった。

(岐阜局黒爪拓也による日本語原作)

READ  日本の宇宙機関IceSpaceが月への着陸船の打ち上げを目指す - TechCrunch Japan