Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本人にとって、マラソンは人生、スポーツニュース、そして最も重要な物語です

東京•今週末、何百万人もの日本人がオリンピックマラソンに参加すると、世界最高のランナーが体を限界まで押し上げるだけでなく、人生も見られると、2000年シドニーマラソンの金メダリストである高橋尚子氏は語った。

49歳の日本人は、マラソンは日常生活との類似性から日本で強い魅力を持っていると説明しました。

「マラソンには登る山がたくさんあります」と高橋は語り、レースの厳しい時期を乗り越えたいと思ったが、辛抱強く待ってから再び楽になったと語った。

「レースが自分の人生をどのように反映しているかは、誰もが面白いと思います。マラソンを楽しんでいるだけでなく、自分たちが打ち負かしたことで、通常の生活に戻った後も懸命に努力し続けることに興奮しています。レース。”

ランニングレースは、参加と観戦の面で日本で非常に人気があります。 統計会社Statistaのデータによると、日本の人口の最大12%が、マラソンを走ったり、マラソンに参加したりしていると答えています。

石塚直子さんは、10年ほど前に夫が東京マラソンの10キロを走ったときにバグを見つけました。

「絶対にそういう人になりたいと思った」と、フルマラソンを10回走った48歳の主婦。

オリンピックの主催者は、Covid-19を広める可能性のある大勢の観衆の集まりを防ぐために、石塚のようなマラソン愛好家に直接レースを見ないように言いました。

主催者が東京で最悪の夏の気温を避けるために北海道の最北端の島である札幌にマラソンを北に800キロ移動させた後、この動きは一部のファンを怒らせた。

石塚氏は「視聴者は通常通り野球やプロサッカーに参加できる。なぜオリンピックだけで許可されないのか理解できない」と語った。

土曜日の女子レースと日曜日の男子レース。

日本の女性は、1990年代から2000年代初頭にかけて、2004年の高橋と野口みずきの金メダルを含むメダルを獲得しましたが、過去3回のオリンピックで表彰台から外されました。

高橋は昨年名古屋で2時間20分29秒の自己ベストを記録した一山麻緒を強い候補として選んだ。

「とても気をつけている。精神的に強い。市山を中心に日本人ランナーにも注目が集まると思う」と語った。

ロイター

READ  「彼らは大きな間違いを犯した」-リバプールを主張した後のマンチェスターシティでのペップ・グアルディオラのメッセージ