Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本人の半数が夏季オリンピックを期待 – 読売世論調査

東京(ロイター) – 日本人の半数が、オリンピックが開会予定の2か月前にこの夏に開催されると信じていることが、月曜日の読売新聞の毎日の世論調査で示された。

コロナウイルスのパンデミックによりすでに1年延期されている東京オリンピックについては、東京がどのようにグローバルなイベントを開催し、日本人のボランティア、アスリート、役員、および一般の人々をCOVID-19から安全に保つかについての疑問が残っています.

日本のチャンピオン アスリートの 1 人であり、地元のオリンピック委員会のメンバーも金曜日に、パンデミックの間の世論の反対にもかかわらず、日本はオリンピックを進めるために「箱に入れられている」と述べました。

6月4~6日に実施された読売の調査では、回答者の50%がオリンピックがこの夏に開催されると答えた。 26% が観客なしで開催されると答えました。 これは、イベントがキャンセルされると回答した調査対象者の 48% よりも増加しています。

しかし、同じ世論調査では、菅義偉首相の政権に対する一般の支持率は 37% であり、彼の政権の中で最も低いことがわかった。

ほとんどの回答者は、ウイルス関連の制限にうんざりしている一方で、アスリートやオリンピック参加者に対するウイルス対策は十分ではないと述べています。

(チョ・ミン・パク、マキコ・ヤマザキ、チャン・ラン・キム、編集:ジェリー・ドイル)

READ  レッドソックスの救世主澤村拓一が新たな役割を担う