Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本人の70%が東京オリンピックのキャンセルまたは延期を望んでいます。 スポーツ

東京(ロイター)-日本の70%以上の人々が、オリンピックが始まる100日以上前に、コロナウイルスの大流行の発生で東京オリンピックをキャンセルまたは延期したいと思っている、と共同通信の世論調査が月曜日に示した。

調査によると、39.2%がゲームをキャンセルしたいのに対し、32.8%はゲームを再び延期したいと考えています。 回答者の24.5%だけが、世界最大のスポーツイベントを予定どおりに継続することを望んでいます。

東京は月曜日に、病原性変異株によって引き起こされるCOVID-19感染の第4波を抑制するために、1か月にわたる半緊急措置を開始しました。

4月10〜12日に実施された京堂調査では、92.6%以上の回答者が感染の再発を懸念していることが示されました。

月曜日に全国の約120か所で65歳以上の人々への予防接種が開始されましたが、輸入用量は依然として不足しており、予防接種のペースが最近の感染の波を止める可能性は低いです。

調査によると、約60%の人が日本の予防接種の進捗に不満を持っています。

菅義偉首相の内閣賛成率は前月比1.9ポイント上昇して44%、拒否率は36.1%に達した。

(エイミー・ヤマミツ作成、ヒュー・ローソン編集)

READ  東京オリンピック:英国のサイクリスト、ローラ・ケニーとケイティ・アーチボルドの金メダリスト、近代五種のケイト・フレンチ、ローラ・ミューアが銀メダルを獲得