Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本人はブンデスリーガでのワールドカップのドイツとの衝突を歓迎する

ジャパンフォワードの浅野拓磨とその仲間たちがドイツのブンデスリーガでトレードをしていると、土曜日に今年のワールドカップでの日本のドイツとの衝突について熱心に語った。

ボッフムはホッフェンハイムを2-1で下した。 ボフムは2ゲームシリーズの敗北を終え、35ポイントで11位に上がり、ゾーンのすぐ上で9ポイント低くなりました。一方、ホッフェンハイムは44ポイントで6位です。

ボッフムの浅野拓磨(L)は、2022年4月2日にドイツのシンシナティで行われたブンデスリーガのホッフェンハイムとのサッカーの試合の後半に活躍しました。 (京都)

浅野は今年後半にカタールで初めてワールドカップに出場することを楽しみにしており、ブンデスリーガに関する彼の知識は、ドイツが日本とともにグループEでスペインに加わった後に役立つでしょう。

「タフなチームだった…私はドイツでプレーしていて、個人的には嬉しい引き分けだった」と27歳の彼は、日本が予選を通過したにもかかわらず、2018年のワールドカップに出場できなかったと付け加えた。

「ワールドカップに出場できるかどうかはまだわからない。まずはポチュムに集中したい」と彼は語った。

土曜日、浅野はまさにそれをしました。 彼の最初のゲームでは、彼は左側のキーパーマヌエルリーマンの長いボールの中に入ると、近くのポールの内側25メートルの激しいストライキでパンチされる前に内側にカットしました。

デビッド・ラムは休憩の9分後にホームサイドで同点に追いついたが、浅野は5分後に勝者を埋めた。

キーパーのリーマンは再び彼の位置を決め、すぐにアサノにボールを持ってカウンターを開始しました。アサノはディフェンダーを壊して反対のボックスにコントロールしました。 クラッカーはフリーランゴールに到達し、体系的に勝ちました。

シュトゥットガルトのキャプテン、遠藤バタルもワールドカップの引き分けを歓迎し、彼のチームはアルメニアピールフェルドと1-1で引き分けた。

「ブンデスリーガでプレーしたいと思ってここに来た。実際にドイツと対戦する機会を個人的に楽しみにしている」と彼は語った。

ブンデスリーガでまだプレーしていない2人の日本人選手、シュトゥットガルトのDFイドヒロキとフィールドフィールドのMF大河川正也も、ドイツと対戦するチャンスに興奮していました。

ブンデスリーガの最初のシーズンでレギュラースポットを獲得した22歳の伊藤は、「プレーするには(代表チームによって)最初に選ばれなければならない。もちろんそれを続けたい」と語った。 。

奥川の8つのリーグゴールは今シーズンのドイツの日本人の間で高く、日本のマネージャー、ハジム・モリアスにもっと攻撃的な選択肢を提供する可能性があります。

「これは非常に強い対戦相手がいるチームです。これの主な特徴は、私がずっとそこでプレーしたかったということです」と、25歳は言いました。 「私はトーナメントでトレーニングとプレーをしてきました。チャンスがあれば何ができるかを描いています。」


関連する報道:

サッカー:日本はワールドカップでスペインとドイツと引き分けます


READ  アイルランドの女子ラグビーチームが米国と日本に対する秋の裁判を発表